軟らかいエンジンオイルが最近のトレンドです!

【軟らかいエンジンオイルを使うとどんなメリットが得られる?】

エンジン俺の役目で1番重要なのが高速で回転したり擦れあったりするパーツの間に入って摩擦を押さえてやる性能、いわゆる潤滑作用である。この潤滑作用、すなわちエンジン内部のパーツとパーツとの間を取り持っているのが、オイルの粘り気(粘度)と言うわけなのです。

もっと具体的に説明するとパーツの表面に皮膜をコーティングするようにして、金属同士が直接接触しないようにしています。基本的には粘度が高いほど粘り気が高いため大きな力に耐えやすく、クッションとしての働きや隙間の機密性も高くなるので、エンジン音を静かにしたりピストンとシリンダー間で発生するがその吹き抜け(ブローバイガス)を減らす能力が高くなります。

ところが粘性があると動くものに対してブレーキをかけることにもなってしまいます。例えばなめらか表面の机にオイルを垂らして下敷きのような板を滑らせると、へばりついて簡単には動かせなくなりますが、これはエンジン内部でも同じような現象としてつきまといます。

このため高い燃費性能が要求される最近のエンジンのほとんどは、0W-20や5W-20と言う低粘度オイルを使用しています。これは昔の主流であった10W-30や10W-40などもオイルと比べると、低音から非常にサラサラした粘度になっています。朝、冷え切ったエンジンをかけるときはオイルの粘土も固いので抵抗は増えて燃費が悪くなりますが、0w-〇〇や5w-××などのWがつく低温側の粘度が小さいものは、その度合いを極力小さくすることができます。さらに高温側も20番と柔らかく、幅広い温度力で抵抗にならないようにされています。

【ロータリーエンジンも0w-20オイルというのは本当なのでしょうか?】
一般にロータリーエンジンはガソリンのレシプロエンジンよりも発熱量が多いとされています。そのためかロータリー専門店と呼ばれるチューニングショップなどでは、どちらかといえば後年度のエンジンオイルを推奨してー年度のエンジンオイルはタブーとされてきました。ところが最近は純正ホールとして0w-20が使われるようになり、これまでの常識が非常識でなくなりつつあります。しかしこれは最近、とりわけ2005年以降の車に限ったことです。ちょうど以前すなわち2000年前後の車に0w-20を使って重いいという話が当てはまるかといえば決してそうではないのでその点は注意してください。

【0w-20のエンジンオイルは時代の要求で誕生しました】
現在の車の2台に1台が0w-20という低粘度エンジンオイルが指定されているくらい、0w-20のエンジンオイルは我々の車生活中で標準化しつつあります。つまり今までのオイルの常識は今では無効になりつつあると言っても過言ではありません。

ではなぜ0w-20という低粘度のエンジンオイルが一般化してきたのか?それは現在の地球環境と原油高にあります。とりわけ地球環境の観点で言えば、 2001年の京都会議から・・・。2008年に北海道の洞爺湖で行われるg8サミットでも、環境問題が定義される予定だと言われています。

ハイラックス買取査定

フラッシングの効果はどれくらいあるのでしょうか?

一昔前までは、エンジンを長く持たせるためにはブラッシングすると良いと言っていましたが、最近ではブラッシングはエンジンとってよくないという人もいるのです。本当はどちらが正解なのでしょうか?

【ブラッシングすることでどんなメリットがあるのでしょうか?】
ブラッシングというのは、エンジンオイル系統の「すすぎ作業」です。エンジンオイル交換でご利用のいても内部にいくらか降る夜が残ってしまいます。つまりどんなに新しいエンジンオイルを入れたとしても、何パーセントかは古いエンジンオイルが混ざってしまうのです。

またエンジンオイルを長く使っているとエンジン内にスラッジと呼ばれる黒いヘドロ状の固形物が生成してエンジン内部のパーツを擁護したり、ひどい場合には俺のツールをふさいだりしてしまいます。このような汚れは粘着性がありオイルを抜いただけでは外に排出することができないのでこれを洗い流す意味もあるのです。

ブラッシングをやるかやらないかはエンジンのあのドヤ俺の交換spanによっても変わってきます。5000~8000km以下で交換している場合には、すだちはほとんどたまらないでしょうから効果はほとんどありません。 1万キロ以上使ってオイルの汚れも厳しくなって来るなら約ていいかもしれません。ただしエンジン俺の汚れ方はエンジンの状態と~でも変わるので、その点を考慮しておいてください。また蘇生がわからない中古車を買ったときには万全を期して最初にやっておくほうがいいかもしれません。

ブラッシングの方法は、簡単なものではオイル交換前に添加剤を投入するもの、専用オイルに行ったん交換するものなどがあります。このタイプはあくまで杉と思ったほうが無難です。さらに専用のブラッシングマシンを使って外部から洗浄液を強制循環させるものがあります。値段も高価ですが汚れを落とす能力は高いです。それでも内部の子達を完全に除去できるわけではないので結局は適切なオイル交換が肝心と言えるのです。

【フラッシングOILを排出するとやっぱり汚れていました】
あまり知られていませんが、実はエンジンはたとえオイルが抜けてたとしても、ほんの少しエンジンにオイルが溜まっているようにできているのです。というよりもなっているというのが正しいかもしれません。車をハードにイギリスなら分かると思いますが、エンジンからヘッドカバーを取り外した際など、ヘッド内部の四角などにほんの少しエンジンオイルが残っているのを見たことがあると思います。これはエンジンからエンジンオイルが抜けてもすぐに嫌気しかないようにフュー対策もあるそうなのです。しかし「エンジンオイルが貯まる」=「古いエンジンオイルが残る」ということになるので、古いエンジン俺の汚れが混じっても仕方のないことなのです。

カイトリチュー

エンジンオイルの交換方法は上か下か??

昔から車好きの間ではエンジンオイル交換は「上抜き」がいいのか「下抜き」がいいのかといつも総論に。ここでは本当にどちらの方法がよいのか徹底的に考えてみましょう。

【どちらのオイル交換方法にもメリットとデメリットがあるのです】
エンジンオイルを交換するときには初めに古い容量を輩出しなくてはなりません。ですがカーショップなどでオイル交換を依頼する際に「上抜き」でするか「下抜き」でするかと、専門用語で尋ねられることがあると思います。ちなみに上抜きや下抜きと言うことばは、エンジン内部に入っているエンジンオイルを排出する際の方法を行っているのです。

エンジンオイルのほとんどはエンジン底部となる地上面側のオイルパンという部分に貯められていて、一般的にはオイルパンに付いているドレンボルトという線を外してオイルを抜き取ります。これが下書きという作業方法になります。ちょうどお風呂もそこにある線を抜き取って溝抜き取る時に似ています。これらとも確実な方法ですが、車の下に潜らなければならないしいちど外したドレンボルトのパッキンを新品に交換する必要もあります。さらに慣れない人が作業をするとドレンボルトを閉めすぎてねじ山を壊したりまたは締め付け不良でオイル漏れのトラブルを起こすことなども稀にあるのです。

これに対して上抜きは、オイルの量チェックするためのレベルゲージが入っているタイプに細長い吸い口を入れて、ポンプで吸い出してしまうというものです。この方法だとボンネットを開けるだけですみ、ドレンボルトには触らなくていいのでボルトに関するトラブルの危険性はなくなります。またポンプの吸い込み口がオイルパンの底に届きさえすれば、下向きよりも多くのオイルを歴とれると言うメリットも実はあるのです。

しかしエンジンのタイプによっては吸い口のタイプがオイルパンの底まで届きにくいものもあり、その場合は下書きでやるしか方法はなくなります。

【上抜きのメリットとデメリット】
上抜きのメリットはオイル支援者を使ってエンジン内のオイルを吸い出す作業のため、車を持ち上げて下に潜って作業をする危険性がありません。また短時間で採用もすみます。さらに少ない道具で作業が出来るのです。

デメリットはオイルチェンジャーがないとは上抜き作業自体が不可能なことです。また車によってオイルパンにバッフルプレートが付いているものは吸い口をオイルパンの奥まで差し込めないのでオイルをうまく吸い上げることができません。またオイルフィルターの交換を同時にできないケースが多いのです。

【下抜きのメリットとデメリット】
下抜きのメリットは比較的安い工具だけで作業が可能なところです。おまけにオイルフィルターも同時に交換することができることが多いです。さらにはいつもは目視で確認できないような下回りもチェックできることです。デメリットは車を持ち上げてから車の下に潜って作業しなければならないので、面倒で危険が伴います。またリフトアップ以外だとすると、車体があまり持ち上げられないジャッキアップ方式になり、非常に寝転がって作業を行う必要があります。そのためドレンボルトを緩めた際に排出するオイルで回りを汚してしまう場合もあります。

【上抜きと下抜きとでは時間差はどれぐらいあるのでしょうか】
車の状況によって大きく異なりますが、単純に作業時間を考えると圧倒的に上向きの方が短時間で作業が終わります。例えば一般の人が上抜き作業でオイル交換をした時、オイルチェンジャーの吸い口をエンジンオイルのゲージが入るパイプに差し込み、オイルを吸い上げるだけでエンジンオイルが排出できるという至ってシンプルさです。すべての工程作業時間を合わせても10分ぐらいで交換することができると思います。

一方の下書きの場合には、車を持ち上げて弱を使って固定するまでが5~10分程かかってしまうと思います。またオイルを排する作業が5分程度要するとおもいます。この一連の作業だけで15分程度かかってしまうことになります。以上のようなことを考えると、作業は上抜きのの方に軍配が上がります。

コスモスマートビークル 審査

エンジンオイルについての話

一昔前では考えられない様な商品が、当たり前のように今では製品化されたり参加されたりしています。例えばパソコンでインターネットをすることは一般的ではありませんでしたが、現在では普通にみんなが当たり前のように行っています。一昔前では携帯電話でメールなどをしていましたが、今ではスマートフォンが一般的になり、携帯電話(ガラケー)をあまり見かけなくなってきました。一昔まえまで無かった物が登場してきたことにより、それまでできなかったことが簡単にできるようになっています。それまでの常識が非常識に、非常識が常識に大きく様変わりしてしまったように思います。

もちろん自動車のアフターパーツもそれに漏れず、エンジンにとって重要なエンジンオイルもずいぶんと様変わりしてきました。一昔まえといっても今から10年ぐらい前の話ですが、自動車メーカー指定のエンジンゴールといえば「10W‐30」が主流でした。それにもかかわらずなぜか皆ハイスペックなオイルを求めててん一般の人でも「10W‐40」の有名ブランドオイルを、また熱心にスポーツ走行を楽しむ人は「15W-50」といった後年度の高級エンジンオイルを、それも4リッター缶で1万円以上する超高級化学合成を購入する人が多かったのです。つまり車に良かれと思われるものは何でも、思う存分愛車につぎ込んでいた時代でありそれがごく普通のことのように思われていたのです。

しかし真実をしてしまうと唖然としてしまう事でしょう。例えば化学合成の中でパオ・アルファ・オレフィンのものはヘッドカバーやオールパンの隙間を埋めているゴムパッキンやゴムで出来たゴムシールを縮めてしまう効果があり、オイル漏れの原因を起こしてしまうのです。逆にジスステル系のエンジゴムパッキンやゴムで出来たゴムシールを膨張させつまゴムパッキンの観点から見れば相性のよくないものなのです。それをいいものだと信じて使っていわけですから、それを知った今過去を振り返ってみれば馬鹿なことをしたと思う人もいるに違いありません。

また2000年以降の原油価格高騰のきっかけに、 VIPカーと呼ばれる大型セダンや高級スポーツカーから軽自動車やコンパクトカー乗り換える人が増えました。さらに環境問題の観点から、 2003年に初めてコンパクトカーに採用された「0W-20」の前年度エンジンオイルが現在もなおラインナップされる国産車の約90%以上に、日本で登録されている車の50%近くに指定されているのです。おまけにエンジンオイルの交換サイクルに関してもオイル技術の進歩によりオルが長寿命化し、現在の交換サイクルは1万~1万5,000km毎てん方は6ヶ月~1年に1度が目安というのが常識になりつつあります。

その昔渋滞にはまらない理由ことが使用条件にはなりますが、交換サイクルが5000kmまたは3~6ヵ月に1度と指定されていたことを思えば隔世の感がある。
 このように今と昔とでは常識とされていることが全く異なっているのです。そこでエンジンオイルの常識を知ってもらうためにあれこれブログで説明していこうとをいます。

車カイトリチュー