大手カー用品店ではエンジンオイルの上抜きが一般的です

【ユーザーが希望すればどちらの方法も選択可能です】
大きなカー用品店に行ってエンジンオイルの交換を依頼すると、「上抜き」ですかそれとも「下抜き」にしますか?と尋ねられます。そこでお任せしますと答えると、作業する車や状況によって異なるものの、上書きでエンジンオイルの交換作業を行うことが多いのです。

確かには抜きでエンジンオイル交換するためには、オイル支援者という装置を使用するので、一般の人から見るといかにもメカニカルな雰囲気を醸し出しています。そのため上書きで交換作業をする方が、素晴らしいように思えてしまうかもしれません。

しかし下抜きでエンジンオイル交換するからといって、エンジンにとってないかデメリットがあるのかというと、決してそんな事はなく、現にオイルパンにはエンジンオイルを排するためのドレンボルトがついています。つまり自動車メーカーとしては、エンジンオイルの交換は下抜きでするものと想定しているのです。

ではなぜ和暦でエンジンオイル交換するケースが多いのでしょうか?大手から用品店でオイル交換をしてもらったついでに聞いてみることにしました。

【上抜きの方が安全で作業時間も短縮できる】
ちなみに大手量販店ては、おおまかにいって3つの理由から上抜きを選択しているそうです。

例えばドレンが高い位置に付いているとエンジンオイルがオイルパンにたまって残ってしまうような、上抜きの方がオイルパンの構造上たくさん抜ける場合。またドレンボトルが固着していたり、無理矢理緩めてドレングチを舐めてしまったりいただいてしまうケースなど、つまり車のオーナーに対する配慮して作業する際に行う。

2つ目の理由としては、エンジンオイルを交換するスタッフの安全確保。すなわち車体の下に潜って作業すれば、当然それなりの危険を伴います。万が一事故が発生する可能性をできる限り減らすためなのです。

3つ目は依頼する人の心のゆとりの問題。つまり急いでいるのに車体を持ち上げて作業するよりも、オイルチェンジャーで出られた方が時間的に断然早いからなのです。

とはいっても実際にはケースバイケースと言うことだそうです。なぜなら車によっては上抜き作業ではエンジンオイルが抜け切れないものもあり、そうした場合にはオイル交換を依頼したお客さんに事情説明して、下抜きで作業を行うようにしています。しかし通常は急いでいる場合にはオイルを上抜きで交換しています。

愛車買取センター

カー用品店でいちばん 売れているオイルは?

【一般ユーザーの交換オイルは4L3000円が選択の目安】
カー用品店に行くと、じっに多くのオイルが陳列されている。初めてカー用品店に訪れた人はどのオイルにしようかと悩むことだろう。たしかに値段が高ければ高いほど、品質のよいエンジンオイルであることはだれでもわかることだ。

しかし、値が張るエンジンオイルはいくら自分のサイフと相談したところで、なかなか買えない。だから、カー用品店で購入して交換を依頼する人は、どんなブランドのエンジンオイルを使っているのか? 値段はどのくらいのか? だれもがとても気になると思う。そこで無数のブランドのオイルを取り扱っている、大手カー用品店にに開いてみたところ、有名ブランドよりも4L3000円前後で購人できるエンジンオイルがいちばん売れ筋との事。つまり、この価格帯が財布を握っている奥さん方の一つの目安となっているようです。

さらに最近では、軽自動中やコンパクトカーを所有するお客さんが多く、OW ‐20といった低燃費指向のエンジンオイルを選ぶので、以前にくらべてオイルに対するこだわりがなくなってきているという。

【それでははカー用品店でオイルで選ぶポイントは?】

とはいっても、やっばり安心できるのは自動車メーカーが指定する純正オイルや価格の高いエンジンオイルだと、だれしもが思うにちがいない。しかしエンジンオイルは、クルマによって相性のよいものと相性の悪いものがあるため、無作為に選んでもいいものではない。たとえば高性能スポーツカーに軽自動車用のエンジンオイルを使用すると、エンジン性能を引き出すどころか、むしろドライブフィーリングが悪くなる。

逆に高性能エンジン用のエンジンオイルを軽自動車に入れたところで、問題なくエンジンは回るものの、エンジンのパワーが上がるのかというとそんなことはなく、逆に燃費の面では悪化という現象があるかもしれない。だから、もし初めてディーラーや修理工場以外でエンジンオイルの交換を依頼する場合には、まず自分のクルマの車種名と年式、エンジンの排気量を確認すること。それから予算を決めてカー用品店のスタッフに相談するのがベストです。

またスポーツタイプの車に乗っている人などは、以前よりもエンジンオイルに対する正しい知識を身につけて、自分の車にもっともマッチするエンジンオイルが分かるになれば、それにぴったり合うエンジンオイルなら多少たくても購入したいと思うはずです。そこで出来るだけ専門家にアドバイスをもらうことが得策と言うわけなのです。

※ココがポイント

・最近では車によって使用するエンジンオイルの種類だけでなく、情報まちまちです。そこで車に早稲田販売方法が定番になりつつあるのです。

・特定のブランドのエンジンオイルは、エンジンの形式や特性に合わせてセッティングしたエンジンallになっているので、いちど試してみるのも良いかもしれません。

中古車買取査定相模原

定期的にエンジンオイルを交換すればクルマは長持ちします!

【自動車メーカーも10万キロまで快適に乗れるように設計しています】
今現在の自家用車は、いまから30年前の 10万kmを超えると耐用年数が終わり動かなくなると思われていた時代からくらべると、技術的に格段に進歩して耐久性が上がり信頼性も高くなった。

自動車製造メーカーも少し前までは、10万kmまでもてばいいという考え方から、10万kmというのはあくまでも通過点にすぎず20万~ 30万km、場合によっては50万km以上はたらせないと寿命を迎えさせないという方針に変わってきている。 そのためか、最近のクルマはコンピュータで徹底してされており、一般の修理工場やサンデーメカニックが自動車メーカーの日がとどくデイーラーでチェックを受けてもらって、そのクルマのメンテナンスをコントロールするという考えがエンジンルームにも見られる。

とりわけベンツなど輸入車メーカーは、すべて本部のホストコンピュータと各iF規デイーラーの工場が LANで結ばれていて、いつだれが所有するクルマがデイーラーヘ人庫し、どんな点検や整備をおこなったかまで記録される。 整備マニュアルも、本部のホストコンピュータと、各正規デイーラーなどの工場とLANで結ばれているコンピュータでしか確認できない状況になっている。

では、われわれはクルマを長くもたせるためには何ができるのか?むかしからいわれるように、顔なじみのガソリンスタンドやカー用品店店に行って定期的にエンジンオイルを交換するくらい。とはいっても、これはとても重要なことであり、クルマの寿命をのばすためのもっとも有効なメンテナンスなのである。

愛車買取高額査定

クルマはヘリコプターより いいエンジンオイルを使っているって本当?

【アメリカではlLl50円で購入できるオイルでもOKだ!】
簡易型ヘリコプターやセスナ機は、 3ナンバーの大きなクルマと変わらない排気量のエンジンを搭載しているが、じつはクルマよりもグレードの低いエンジンオイルを使つているものが多いのだ。

これまたあまり知られていないが、現在乗りもののなかでは、日本で走っているクルマに使用されているエンジンオイルが、いちばんいいオイルだといっても過言ではない。なぜなら、ほかの乗りものにくらべてモデルチェンジが早く、しかもエンジン自体も過酷に使用され、なおかつ法的にも規制が厳しい。

そのため日本でつくっているオィルメーカーは、ほかの乗りものにくらべて集中的に研究開発をおこなってきたので、すぐれたエンジンオイルができたというわけだ「ちなみに、2人用の簡易型ヘリコプターの多くはガソリンエンジンで、搭載しているエンジンの排気量 が2000、3000 ccとクルマと変わらず、おまけにエンジンオイル使用量も4、5Lというのが一般的。

だが一般に使われているエンジンオイルは、クルマ用エンジンオイルに置き換えるとSF級の20W 40 もしくは20~30番あたりのシングルグレードのオイルを使っているケースも少なくない。すなわちクルマのエンジンオイルにくらヘリコプターやセスナ機は30年くらいオイルの品質レベルが遅れている。

ではなぜ、古いタイプのエンジンが現役でいられるのかというと、クルマのエンジンにくらべて設計が古く、いまでも30年前以上のヘリコプターが現役でいること。またヘリコプターが空を飛んで巡行する場合には、エンジンの回転数が2000~2500 rpmの間で、エンジン回転が急激に変動することがないからである。ところで気になる値段のほうだが、lLで約3000円程度。しかし、じつはアメリカのスーパーで150円で売られているオイルでも大丈夫らしい。

【ヘリコプターの構造は車のエンジンより簡単にできている】
あまり知られたいませんが、実はヘリコプターやセスナは車と違いフルモデルチェンジすることがほとんどありません。そのために最新のヘリコプターと言っても、 10年前に発表されたものだったりすることは珍しくないのです。そのようなこともあり車と比較して構造もシンプルで、車のエンジンで考えると一般的には2~3世代前のエンジンが搭載されています。

そのためエンジンオイルに関して考え方が異なっていて、エンジンのパワーupや排気ガスなどの不純物を取り除く性能を追求するよりも、飛行中にエンジンが止まってしまわないようにする方が重要なため、潤滑性能にプラスしてエンジン内部の誘惑補充を考えて硬めのエンジンオイルを使用しています。

・簡易型ヘリコプターのエンジンは、ほとんど旧世代のフォルクスワーゲンのエンジンを思わせるような空冷式の水平対向型エンジンを搭載しているものが多いのです。そのためエンジンオイルも旧タイプのエンジンオイルとの素性がとてもよいのです。

・エンジンの回転がそのままヘリコプターのプロペラに動力として伝わる仕組みなので、変則ミッションなどは取り付けられていません。

【車と違ってオイルに冷却効果は求めていません】
最近の車はエンジン性能を引き出すために、エンジンオイルの温度すなわち油温を綿密にコントロールして入入ぐらいこだわっています。

しかしヘリコプターのエンジンは、エンジンオイルに冷却効果は求めていません。なぜならヘリコプターは高度3,000メーターを飛ぶため、エンジンを冷却しなくても大丈夫だからなのです。つまり高度が高くなるほど気温が低くなるため冷却する必要がなくなるのです。その上もともとヘリコプターにはエアコンなどの装置もないので、車のエンジンと比べると熱交換も高いのです。

ちなみに車のエンジンオイルをヘリコプターのオイルとして使用できるが、ヘリコプターのエンジンオイルを車に入れると、エンジンの回転が鈍くなり排気ガスが濃くなったりするので注意が必要です。

ハイラックス買取査定

オリジルエンジンオイルつくる専門の職人が存在するのです

元売り石油メーカー以外でもオイルをつくっているメーカーは数多くあり、そのなかでも技術力のないメーカーはオリジナルオイルをつくるために、オイルブレンダーと呼ばれる専門の職人に依頼してつくるのです。

【理工系大学の教授よりもそれ豊富な知識とノウハウをもつ】
どこの世界でも職人はいる。えば建築業であれば設計士や大上、塗装屋、内装屋、電気配線屋、水まわりの配管屋など、それぞれの分野に卓越した専門家がおり、おのおのの仕事をすることによつて建物がでできる。

それと同じように、オリジナルのエンジンオイルを販売していても元売り石油メーカーのような大企業ではなく小規模のメーカーでは、
オイルブレンダーと呼ばれるオリナルオイルをつくることを生業とするディレクター職人に発注して、元売り石油メーカーではマネできない製品をつくりだしているのだ。

ちなみにオイルブレンダーは、建築業でいえば設計上にあたる人。とうぜんベースオイルや添加剤を調達する人、ベースオイルと添加剤をブレンドする業者、オイルをパッケージングする会社などというように、それぞれに専門の職人がいる。
つまりオイルブレンダ―は、これらの職人を統括して、新しいオリジナルのオイルをつくる。

気になるオイルブレンダーのギャラのほうだが、オイルブレンダーによってもマチマチ。ひと企画いくら、つまリオリジナルブランドを製品化するまで作業工賃を一括でもらうケースもあれば、詞や曲、本の作家が印税として報酬をもらうように、世にだしたオリジナルブランドオイルが1缶売れるごとにいくらなどといったケースもある。

当たり前だが職人という一匹オオカミである以上、かなり豊富な知識と経験をもつていないと生計は立てられない。そのため理系大学の教授や元売り石油メーカーの研究員よりも勉強熱心で技術力は高く、新しいアイデイアももつている人が多い。とはいつても、なかには理系大学をでていない人もいるらしい。

【オイルブレンダーは俺の特性をよく知っています】
元売り石油メーカー以外のほとんどのオイルメーカーは、一般にオイルブレンダーの力に頼っています。その中でも有名なオイルブレンダーは作家や作詞家、作曲家のように、あちらこちらの会社から仕事を依頼されてオイルを作るというのが仕事になっています。

つまりオールメーカーに技術を定期供して生計を立てているのです。そのためあまり表沙汰にはなっていませんがエンジンオイルなかにはOEM製品でもないのにもかかわらず、類似した製品が多いのも事実なのです。とはいっても音階が7つしかないのに後ろの曲が生まれるように、エンジン音の世界でも、いくつかあるオイルベースのかから選択して、うまく調合してそれぞれ個性のあるエンジンオイルを作っているのです。

【誰でもオイルブレンダーになるチャンスはあるのです】
好きこそものの上手なれ、という言葉がありますがメイクアーティストやヘアメイクさんのどのように才能と努力と根性持っていれば、誰もがオイルブレンダーになることは可能なのです。

ちなみにある有名なオイルブレンダーと呼ばれる人は、以前は某自動車メーカーのレーシングチームの社員メカニックでした。そこでエンジンを担当し、四六時中チームが勝つにはどうすればいいのかを考え、石油製品以外にも鉱物油、場合によってはマイナスイオンを出す。鶏と呼ばれる鉱物を粉砕して、レースドライバーに黙って列車のエンジンオイルに混ぜてみたという逸話があります。

ちなみに彼は理工系の大学デーは無いのですが、今では業界の大御所的な立場にあり、彼のブレンドしてできてオイルは車との相性も良くて調子は良くなると評判になっているほどなのです。

エンジンオイルの代わりに食用油利用できるのでしょうか?

車のエンジンには、当然エンジンオイルしか扱えないと思っている人もいますが、実は食用油でも代用することが可能なのです。ただし使用できる期間は2日ぐらいと認識していただいたほうがいいかもしれません。

【実は某石油メーカーも食用油を研究しているのです】
辛いのほどは定かではありませんが、一昔前のレースの世界ではここぞと言うタイムアタックのときにはエンジンオイルの代わりに食用油を使っていたチームもあったと言われています。またそれをヒントにして食用油をエンジンオイルの代わりに利用できないのかと、実際にある石油元売りメーカーの技術チームがスーパーで売られている食用油を研究したことがあるという話でした。もっと歴史をさかのぼれば、食用油の原料であるひまし油が車や航空機のエンジンオイルとして利用されていた時代もありました。つまり結論先に言ってしまえば食用油もエンジンオイルとして利用できるということなのです。

ちなみにそのある石油元売りメーカーの技術チームメンバーだった人によると、スーパーで購入してきた食用油の中で、やはり高級サラダオイルがエンジンと組成がベストであったと言う話でした。とりわけハイオレック種のべに花種子だけで作られた100%ピュアオイルで、オールインさんを多く含んだものが参加に強くて、もしかするといいかもしれないと言っていました。ではどうして食用油をエンジンオイルとして受容できないのでしょうか?と聞いてみた所、やはり1番の理由はコストの問題でした。つまり石油から作る方がはるかに簡単で、1番安く作れるからといっていましたが、原油がさらに高騰すれば、引用される可能性は十分にあるのです。

ただし現状のままではエンジンオイルの代わりとして利用できるといっても、せいぜい2日程度の話なのです。なぜなら食用油には参加防止剤や蒸発抑制剤等といった添加物が入っていないからなのです。おまけに車によっては、クリアランスにシビアなエンジンを搭載しているものもあるので、あまりおすすめできないと言うのが実情であります。

【エンジン俺の代わりに食用油を入れてみましたが・・・】
もしエンジン俺の代わりに食用油を入れると、エンジンが壊れてしまうと思う人は多いのではないでしょうか? 。さらにオイルギリシャの中にもっと、そう思い込んでいる人は少なからずいるようなのです。ですが食用油も皮膜を形成するため、潤滑性能やエンジン内部の医学保護によるエンジン保護ができるので、俺として一時的に利用することができます。

そして、じんわりのように添加剤を混合すれば、代用のエンジンオイルとして利用することが可能なのです。しかし市販されているエンジンオイルと比べると油膜に乏しく、エンジンを高回転で回し続けて、エンジンが高温状態になる走りを続けることを想定すると、信頼性に欠ける部分があるのが現状のようです。

【実はもともと食用油はエンジンオイルとして使われていました】
今や石油製品が当たり前の時代です。ですが今から50年から60年前ではエンジンオイルにも食用油などを使用していた時代がありました。なぜエンジンオイルにも利用していたのかというと、この当時は原油から高性能エンジンオイルとなるペースオイルを抽出する技術よりも、大豆などの植物からエステル基10なぐでーすオイルを抽出する方が技術的にも簡単でコストが安価。を脇に銀行から取れるエステル基のOL成分よりも、品質の良いベースオイルを作ることができるからなのだそうです。

他にもその当時は、ブレーキフルールドとしてナタネ油を使っていたのも、こうした事言うからであると言われています。しかし今日ではこの状態が逆転し、石油系俺の方が安くて確実に生産することが可能になりました。

意外にもレースでは市販オイルを使用している事が多い!

レーシングオイルは決して特別な物では有りません!
よくレースでは超特別なスペシヤルオイルを使用していると思うかもしれませんが、意外と一般に市販されているエンジンオイルと同じオイルを使つて戦つているところも多いのです。

【やっぱりポイントはエンジンオイルの硬さなのです】

やっばりいちばんのポイントは エンジンオイルの硬さである  レーシングカーにしろラリーカー にしろ、石油メーカーがサポートしている自動車レース車両には、特別なエンジンオイルが使用されていると思われがち。しかし実状を知ると けっしてそうではなく、ときにはレ―スが開催されるところの近所のガソリンスタンドヘいつて、エンジン オイルを買って入れて戦つているチ―ムも、ごくまれにあるのだ。

なぜなら最近のエンジンオイルは、”年前に市販されていたエンジンオイルにくらべて性能や品質が高 く、とりわけ化学合成油のエンジンルオイルはまつたく別物といってもいいほどの進化をとげている。だから、短時間で走行距離が決まつているレ―スという使用条件であれば、わざわざレース用に特別なエンジンオイルをつくつて一発勝負にかけるようなリスクをおかすよりも、一般にられているエンンオイルを上手に使い分けるほうが、信頼性の面で安心なうえ、現在売られているエンジンオイルのメリットやデメリッ卜、抱えている問題点を知ることができるというのが、彼らのロジックとしてあるそうだ。

ちなみに、エンジンオイルひとつでクルマの特性を変えられる。たとえばストレートの長い一局速サーキツトでは‐5W ‐Qのエンジンオイルを
使い、ドライバーに9000回転あたりでシフトチエンジポイントにしてもらつてオイル温度を調整してもらいながら、オーバーテイク時のトルク特性がでるようにするとか、コ―ナーの多いサーキットではあえて0W ‐ 20や5W – 20を使い、できるだけパワーバンドになる3000〜4000回転時のビックアツプをよくするなどのセツテイングをおこなっている。つまり、それだけエンジンオイルはクルマにとつて重要だと言う事がお分かり頂けると思います。

【各メーカにとってレースで走らせる事が実験に繋がります。】
レース関係者などに「レースは事室だ」と言うように表現する人がいますが、まさしくその通りなのです。一般道での目的地までドライブするとは大きく異なり、レースでは車と車が競って限界で走るわけなので、普段とは違う使われ方やトラブル事例が発生するため、メーカーとしては今までの研究で気づかなかったことを発見することができるのです。そのためメーカーの技術者たちは勝負の勝ち負けよりも、なぜこのパーツがヘタってしまったのか?というような環境や条件で性能を発揮できたのか?あるいはできなかったのかを分析して、さらに対策パーツを作ってレースを走らせるという実験が怒られているのです。自動車レースの背景はこのようなことが行われているのです。

【あるエンジンメーカーではこんな実験もやっています】
某有名オイルメーカーの話ですが、そのメーカーではとあるチームにわざわざ市販の新品エンジンオイルを提供して、そのかわりレースで走ったオイルを返却してもらう契約を結んでいます。なぜそんな契約を結んでいるのかというと、実は肺葉分析することによりドライバーの運転スタイルやドライビングテクニック、エンジンをはじめ各部のヘタレ具合までを知ることができるからなのです。

つまり分析で分かった事を解析して、次回販売するオイルに反映することを目的としています。もし自社で同じような事件をやろうとすると、レースに協賛する以上のコストがかかってしまうことが想定されるからなのです。昔のようにレースだけの特別なオイルではなく、師範様でも十分にエンジンの性能を引き出せるぐらい、現在のエンジンオイルは性能がアップしているということなのです。

バイク買取高額査定

クルマによって相性のよくない エンジンオイルが存在する⁈

とりわけ古いタイプのヨーロッパ車はエンジンオイルにも拘りが大切!
国産車はむかしから品質の基準が高いためか、オイルもれによるトラブル聞いたことありませんでしたが、10年落ちくらいの輸入車に乗つている人はオイルもれで悩まされることも多いという。それはなぜなのでしょうか?

【自動車メーカーにとっては日本仕様のクルマは大変だ】
とある輸入車メーカーの技術者がいっていたことだが、日本で次期モデルを発売する際、必ず最終チエツク走行を東京都内でおこなうそうだ。なぜ東京都内でテスト走行をするのかというと、世界中でいちばん過酷な条件だからという理由だ。

たしかに東京都内の交通状況を考えると、首都高は長蛇の渋滞区間もあれば、スムーズに流れているところもある。 一般道は大きな国道と込み入った路地が入り組んでいて、信号も多い。おまけに夏場になれば、ヒートアイランド現象が発生して、場所によつては気温50℃近くのところを走らなければならないこともある。さらに湿度の高い梅雨もあれば、雪が降ることもある。

しかしヨ「ロツパの場合には比較的気候が穏やかで、年間1000m以上の雨が降る地域も少ない。クルマの走行距離はヨーロツパで走るクルマのほうが多いものの、東京都内のようなゴー&ストツプを頻繁にくり返すような走りはしない。だから日本で走るクルマにくらべて、ヨーロッパで走るほうがパーツの劣化が遅いのだ。そのため、日本車のような対策をほどこしていない。

さらに日本のエンジンオイルとヨーロッパのそれとでは、オイルに求める性能や、オイルに対する考え方が異なっている。そのため日本ではカー用品店で普通に買えて、国産のクルマに使用されているエンジンオイルのなかには、添加剤としてリン系の化合物を多く使用しているものがあるので、ヨーロツパ車と相性があわないこともしばしば。
そのことを知らずに使うと、ときにはひどいオイルもれを引き起こしたり、ひどい場合にはエンジンのオーバーホール修理をしなければならないトラブルになることもある。

【ヨーロッパ車はエンジンオイルの好き嫌いが厳しいのです!?】
よく外車は気難しいと言う人がいます。そう言われた見るとたしかに、国産車と比較すると車が壊れる頻度が多かったり手間がかかることが多かったりで、手間がかかるのは確かです。

ですがこれは、車が使われる環境が違っていたりするとどうしても起きてしまう不具合は有りますので、仕方のないことなのかも知れません。
そしてエンジンオイルに関して言えば、日本で作られている物と、ヨーロッパで作られるものとは特性が異なる物がほとんどだったのです。もし車に適合しないエンジンオイルを使ってしまうと、予期せぬトラブルにもなりかねません!

その様なこともあるため、日本の正規ディラーではメーカ指定のエンジンオイルを推奨していて、社外品のエンジンオイルの使用を極力避けるように指導しています。

中古車買取査定相模原

新車時に入っているエンジンオイルは実は最高給グレードなんです!

新車に包まれ入っているエンジンオイルを、ディーラーなどでは1,000キロ& 1カ月点検で捨ててしまいますが、実はあのエンジンオイルは主観で買うと4リッターは1万円以上する超高級オイルだという事をご存知でしょうか?

【メーカーはクレームを少なくするために新車12高級オイルを装填しています】
自動車メーカーの工場で車を組み立てるときは、生産ラインでのみ装着される消耗部品が存在します。タイヤやスパークプラグなどでそのようなケースがあり、ディーラーやカー用品店では完全に同一のパーツが入手できないことがあるのです。これと同じようなことがオイルにも当てはまるのですが、最近ではライン装填用オイルの高品質化も進んでいるようであります。
エンジンやミッション、足回り等の数多くのパーツが擦れ合っている部分では、本来の性能を出すのになじめを出しておく必要があるのです。

例えば2つのパーツや擦れ合う場合に、もともとは別々に機械加工されているものをなので、初めのうちはお互いの接触状態が均一ではなく、動かして行くうちにスレ野菜が行われていくのです。このなじみを出してトラブルを防ぐのがならし運転なのです。昔ほどでは無いとは言え、嵐の初期段階では鉄分など消耗粉が多く発生します。このためエンジンオイルにも慣らしに適した専用ブレンドを使うメーカーもあるようなのです。

また現在のエンジンは、省燃費性能を追求するためピストンやコンロとなどの軽量化や需給受けの小型化を極限まではかる傾向にあり、オイル量を少なめにしていることもあわさり、俺の負担はますます増えているのです。

それに加えて新車10のクレーム対策も重要になっています。つまり下手に安い容量使ってしまうと車を購入したお客さんが何かしらの車の不具合や不調があったとアンチ害しないように、最善を尽くしていると言う意味もあります。そのようなことから車の生産ラインの装填するオイルは高性能かつ市販で代用品が入手しにくいタイプがあります。そのためあまり早く交換してしまうと、折角の新車10の高品質なオイルを無駄にしてしまう例もあるようです。

【新車はなぜエンジンが気持ちよく回せるのかというと・・・】
感覚の鋭い人なら、新車から初めての定期点検を受けた後に何かパワーダウンしたような、あるいはフィーリングが違うと感じたことがあるかもしれません。しかしそれは決して間違いではなく、自分が受けた感覚が間違いでは無いことが多分にあるのです。理由は先ほども少し書きましたが、新車ラインで装填されたエンジンオイルは市販のエンジンオイルよりも数段良い物を入れているからなのです。だから新謝辞に入っていたエンジンオイルと初めての点検の時に交換してもらったエンジンオイルではフィーリングが異なるのは決して錯覚では無いのです。

ドコモ調子が悪くないにもかかわらず、新謝辞のエンジンオイルから初回点検時のエンジンオイルに交換した後に違和感を感じるのは、極端に言えばエンジンオイルの性能が異なるからなのです。

【新車に当たり外れがあるのはオイルのせい?】
新車でも同じ車種で同じエンジンなのにあいつの車の方が調子が良くて、俺の車は吹け上がりが鈍いということを、しばし耳にすることがあると思います。しかし、そういうことがあっても当然なのです。なぜなら自動車メーカーはあちらこちらに車の生産工場を持っていて、お客さんからの受注にあわせてそれぞれの工場で車を製造するために、工場によって取り付けられるパーツが多少異なることがあるのです。

もちろんエンジンオイルに関しても供給を安定させるため、A工場ではB工場のオイルを、オイルとして、C工場ではD社のオイルが、俺として使用されることも多々あるのです。そのため感覚が鋭い人はそれに気づいて車の個体差の違いを見つけてしまい、そのように表現することがあるのかもしれません。

愛車買取高額査定

エンジンオイルはどれくらい持つものなのでしょうか?

【車の使い方によっても交換サイクルは異なります】

やっぱりエンジン俺の交換サイクルは知っておきたいものですよね!
エンジンオイルのメインテナンスで1番議論になるテーマが交換サイクルをどのくらいに設定するかだと思います。確かに車の取扱説明書では1万5,000キロなどと書いてあってもカーショップやガソリンスタンドでは5000km前後での交換を推奨される。そこでエンジンオイルにとってやさしい使用条件を考えたとき、やはり油温(油温がЮヽ100℃の状態)を保ちながら、クルマにとつて低〜中程度のパワーでたりつづけること。つまり高速道路を100km/h程度で走行することがエンジンがオイルにとって最適な使われ方である。現にヨーロツパ■では高品質オイルの使用と、補充点検さえすれば2万〜3万hごとの交換サイクルで大丈夫といっているものもある。

反対にオイルに過酷な条件は、近距離の買い物やちょい乗りなのです。このときは、水温が上がってもオイル温度が上がらず、なかに水分がたまりやすくなってしまうため、スラッジというヘドロ状物質が発生するもとになリオイルが早く汚れてしまいます。走行距離があまりに少ないエンジンは、回り方が重かつたり汚れが激しいのもこのためで、自動車メーカーにより定義が多少異なるものの、1回の走行が8km以下や走行距離の30%以上が加km/h以下の走行を「シビアコンディション一としており、標準より早めの点検や部品交換を推奨していいます。

日本での使用環境を考えると、信号待ちや渋滞、短距離走行が多く、シビアコンディションに相当するケースがほとんどなのです。そのため自動車メーカーでは交換サイクルを1万〜1万5000肺と想定しているが、多くの人にとつてその半分の距離の5000m、多くても約8000kmでの交換が望ましいと言えるのです。

【エンジンオイルはよく怠け者で捉えられる??】
エンジンオイルの缶ンを開けたらオイルは空気に触れて老化してしまいます。たとえ未使用のオイルでもすぐに処分するか、他の車に使用することを勧めていますが、果たしてその言葉通り真実なのかといえばなかなかそうとも言い切れない部分が実はあるのです。なぜなら現在のエンジンオイルは長持ちするようにつまり酸化して老化しないようにいろいろと工夫がされているからなのです。だから多少を缶の中にエンジンオイル残していても、しっかりと蓋を閉めておけばある程度の期間であれば大丈夫なのです。

しかしいちどエンジンの中に入れたオイルはそういうわけにはいきません。なぜならエンジンの熱を受けて酸化作用が促進されるいるからなのです。やはり定期的に交換しなければいけません。

【車やドライバーによってもエンジンオイルの寿命は異なる?】
エンジンオイルの寿命は使用条件によって変わってしまうことがお分かりいただけたと思います。やはり半永久的に使えるわけではなく定期的に交換しなければならないものだと認識していたわけでは良いと思います。エンジンオイルの一言で言っても実は多くの役割を担っているのです。そのためエンジンオイルにはいろいろな添加剤が含まれているのです。

だからと言いえ潤滑性能が保たれていても、冷却、清浄などの他の作用が得られなければエンジンオイルとしての役割を十分に果たすことができません。車によって、あるいは運転するドライバーによってもエンジンオイルの寿命に触れてくるのもこうした理由からなのです。

愛車買取センター