Daily Archives: 12月 14, 2016

カー用品店のPB製品は 意外とリーズナブルです

【オイルメーカーと共同で研究開発している製品も多い】
カー用品店へ行くと、その系列のカー用品、だけでPB製品が陳列されています。中身を行ってみると値段に対して高性能で、しかもお買い得なオイルが多いので狙い目です。

どころか用品店でもオイルの目玉商品として特価で販売しているPB(プライベートブランド)製品があります。
意外や意外、中身はしっかりとしていて、性能的には名前の通っているブランドオイルにいささかも劣らず、規格やグレードのバリエーションも広範囲に展開しているものばかり。エンジンオイルとしては、けっして三流製品ではないのである。たとえば価格の面でいうと、某有名ブランドの部分合成油でカー用品店の店頭価格が3000~4000円のエンジンオイルと比較すると、ほぼ同等のカー用品店のPBであれば500円程度安くなっている。

また市場価格7000.8000円の化学合成油の場合には、カー用品店のPBは1000円ほどは確実に安いという。おまけに最近のエンジンオイルのPB製品はかなり研究されていて、クルマのタイプや運転する人のドライビングスタイルに対応できるよう、ラインナップ数もかなり充実。安かろう悪かろうでエンジンオイルを判断してしまうと、最終的に損している場合も少なからずあるのです。

【カー用品店のPBオイルはリーズナブルな価格の無印良品】

ではなぜPB製品のエンジンオイルはそこまでリーズナブルな価格で販売できるのか? 1番の理由はなんといっても大量仕入れなのです。つまりカー用品店が、オイルメーカーに対して大量に発注してすかせているので、最終的に責任を持つのはカー用品店になります。オイルメーカーとしては在庫を抱えるリスクが減るので、今まで売れ残っていたオイルを処分することができるので、カー用品店に安くエンジンオイルを提供することができるのです。

さらににオイルメーカーとしては、カー用品店のオリジナルブランドだからということを理由に、自分のところのブランドに関係なく、カー用品店が要求してくる価格の値引きや仕入れ価格においても契約内容を秘密にすることが可能。もしも、ほかの業者に納品価格が知られてしまったときにも、言い訳の材料にすることもできる。そしてオイルメーカーとしてはカー用品店に対して一括納入できるので、複数の店舗に対して営業マンを配置してセールスをかけるよりもカー用品店の担当責任者を決めて対応する方が人手に係る経費の面でもはるかにコストを抑えることができるのです。

たしかにカー用品のPBのエンジンオイルは一般的な知名度がないため、 一見するとあやしく思うかもしれない。しかし実体は、リーズナブルな「無印良品」なのです。

カイトリチュー

大手カー用品店ではエンジンオイルの上抜きが一般的です

【ユーザーが希望すればどちらの方法も選択可能です】
大きなカー用品店に行ってエンジンオイルの交換を依頼すると、「上抜き」ですかそれとも「下抜き」にしますか?と尋ねられます。そこでお任せしますと答えると、作業する車や状況によって異なるものの、上書きでエンジンオイルの交換作業を行うことが多いのです。

確かには抜きでエンジンオイル交換するためには、オイル支援者という装置を使用するので、一般の人から見るといかにもメカニカルな雰囲気を醸し出しています。そのため上書きで交換作業をする方が、素晴らしいように思えてしまうかもしれません。

しかし下抜きでエンジンオイル交換するからといって、エンジンにとってないかデメリットがあるのかというと、決してそんな事はなく、現にオイルパンにはエンジンオイルを排するためのドレンボルトがついています。つまり自動車メーカーとしては、エンジンオイルの交換は下抜きでするものと想定しているのです。

ではなぜ和暦でエンジンオイル交換するケースが多いのでしょうか?大手から用品店でオイル交換をしてもらったついでに聞いてみることにしました。

【上抜きの方が安全で作業時間も短縮できる】
ちなみに大手量販店ては、おおまかにいって3つの理由から上抜きを選択しているそうです。

例えばドレンが高い位置に付いているとエンジンオイルがオイルパンにたまって残ってしまうような、上抜きの方がオイルパンの構造上たくさん抜ける場合。またドレンボトルが固着していたり、無理矢理緩めてドレングチを舐めてしまったりいただいてしまうケースなど、つまり車のオーナーに対する配慮して作業する際に行う。

2つ目の理由としては、エンジンオイルを交換するスタッフの安全確保。すなわち車体の下に潜って作業すれば、当然それなりの危険を伴います。万が一事故が発生する可能性をできる限り減らすためなのです。

3つ目は依頼する人の心のゆとりの問題。つまり急いでいるのに車体を持ち上げて作業するよりも、オイルチェンジャーで出られた方が時間的に断然早いからなのです。

とはいっても実際にはケースバイケースと言うことだそうです。なぜなら車によっては上抜き作業ではエンジンオイルが抜け切れないものもあり、そうした場合にはオイル交換を依頼したお客さんに事情説明して、下抜きで作業を行うようにしています。しかし通常は急いでいる場合にはオイルを上抜きで交換しています。

愛車買取センター

カー用品店でいちばん 売れているオイルは?

【一般ユーザーの交換オイルは4L3000円が選択の目安】
カー用品店に行くと、じっに多くのオイルが陳列されている。初めてカー用品店に訪れた人はどのオイルにしようかと悩むことだろう。たしかに値段が高ければ高いほど、品質のよいエンジンオイルであることはだれでもわかることだ。

しかし、値が張るエンジンオイルはいくら自分のサイフと相談したところで、なかなか買えない。だから、カー用品店で購入して交換を依頼する人は、どんなブランドのエンジンオイルを使っているのか? 値段はどのくらいのか? だれもがとても気になると思う。そこで無数のブランドのオイルを取り扱っている、大手カー用品店にに開いてみたところ、有名ブランドよりも4L3000円前後で購人できるエンジンオイルがいちばん売れ筋との事。つまり、この価格帯が財布を握っている奥さん方の一つの目安となっているようです。

さらに最近では、軽自動中やコンパクトカーを所有するお客さんが多く、OW ‐20といった低燃費指向のエンジンオイルを選ぶので、以前にくらべてオイルに対するこだわりがなくなってきているという。

【それでははカー用品店でオイルで選ぶポイントは?】

とはいっても、やっばり安心できるのは自動車メーカーが指定する純正オイルや価格の高いエンジンオイルだと、だれしもが思うにちがいない。しかしエンジンオイルは、クルマによって相性のよいものと相性の悪いものがあるため、無作為に選んでもいいものではない。たとえば高性能スポーツカーに軽自動車用のエンジンオイルを使用すると、エンジン性能を引き出すどころか、むしろドライブフィーリングが悪くなる。

逆に高性能エンジン用のエンジンオイルを軽自動車に入れたところで、問題なくエンジンは回るものの、エンジンのパワーが上がるのかというとそんなことはなく、逆に燃費の面では悪化という現象があるかもしれない。だから、もし初めてディーラーや修理工場以外でエンジンオイルの交換を依頼する場合には、まず自分のクルマの車種名と年式、エンジンの排気量を確認すること。それから予算を決めてカー用品店のスタッフに相談するのがベストです。

またスポーツタイプの車に乗っている人などは、以前よりもエンジンオイルに対する正しい知識を身につけて、自分の車にもっともマッチするエンジンオイルが分かるになれば、それにぴったり合うエンジンオイルなら多少たくても購入したいと思うはずです。そこで出来るだけ専門家にアドバイスをもらうことが得策と言うわけなのです。

※ココがポイント

・最近では車によって使用するエンジンオイルの種類だけでなく、情報まちまちです。そこで車に早稲田販売方法が定番になりつつあるのです。

・特定のブランドのエンジンオイルは、エンジンの形式や特性に合わせてセッティングしたエンジンallになっているので、いちど試してみるのも良いかもしれません。

中古車買取査定相模原

定期的にエンジンオイルを交換すればクルマは長持ちします!

【自動車メーカーも10万キロまで快適に乗れるように設計しています】
今現在の自家用車は、いまから30年前の 10万kmを超えると耐用年数が終わり動かなくなると思われていた時代からくらべると、技術的に格段に進歩して耐久性が上がり信頼性も高くなった。

自動車製造メーカーも少し前までは、10万kmまでもてばいいという考え方から、10万kmというのはあくまでも通過点にすぎず20万~ 30万km、場合によっては50万km以上はたらせないと寿命を迎えさせないという方針に変わってきている。 そのためか、最近のクルマはコンピュータで徹底してされており、一般の修理工場やサンデーメカニックが自動車メーカーの日がとどくデイーラーでチェックを受けてもらって、そのクルマのメンテナンスをコントロールするという考えがエンジンルームにも見られる。

とりわけベンツなど輸入車メーカーは、すべて本部のホストコンピュータと各iF規デイーラーの工場が LANで結ばれていて、いつだれが所有するクルマがデイーラーヘ人庫し、どんな点検や整備をおこなったかまで記録される。 整備マニュアルも、本部のホストコンピュータと、各正規デイーラーなどの工場とLANで結ばれているコンピュータでしか確認できない状況になっている。

では、われわれはクルマを長くもたせるためには何ができるのか?むかしからいわれるように、顔なじみのガソリンスタンドやカー用品店店に行って定期的にエンジンオイルを交換するくらい。とはいっても、これはとても重要なことであり、クルマの寿命をのばすためのもっとも有効なメンテナンスなのである。

愛車買取高額査定

クルマはヘリコプターより いいエンジンオイルを使っているって本当?

【アメリカではlLl50円で購入できるオイルでもOKだ!】
簡易型ヘリコプターやセスナ機は、 3ナンバーの大きなクルマと変わらない排気量のエンジンを搭載しているが、じつはクルマよりもグレードの低いエンジンオイルを使つているものが多いのだ。

これまたあまり知られていないが、現在乗りもののなかでは、日本で走っているクルマに使用されているエンジンオイルが、いちばんいいオイルだといっても過言ではない。なぜなら、ほかの乗りものにくらべてモデルチェンジが早く、しかもエンジン自体も過酷に使用され、なおかつ法的にも規制が厳しい。

そのため日本でつくっているオィルメーカーは、ほかの乗りものにくらべて集中的に研究開発をおこなってきたので、すぐれたエンジンオイルができたというわけだ「ちなみに、2人用の簡易型ヘリコプターの多くはガソリンエンジンで、搭載しているエンジンの排気量 が2000、3000 ccとクルマと変わらず、おまけにエンジンオイル使用量も4、5Lというのが一般的。

だが一般に使われているエンジンオイルは、クルマ用エンジンオイルに置き換えるとSF級の20W 40 もしくは20~30番あたりのシングルグレードのオイルを使っているケースも少なくない。すなわちクルマのエンジンオイルにくらヘリコプターやセスナ機は30年くらいオイルの品質レベルが遅れている。

ではなぜ、古いタイプのエンジンが現役でいられるのかというと、クルマのエンジンにくらべて設計が古く、いまでも30年前以上のヘリコプターが現役でいること。またヘリコプターが空を飛んで巡行する場合には、エンジンの回転数が2000~2500 rpmの間で、エンジン回転が急激に変動することがないからである。ところで気になる値段のほうだが、lLで約3000円程度。しかし、じつはアメリカのスーパーで150円で売られているオイルでも大丈夫らしい。

【ヘリコプターの構造は車のエンジンより簡単にできている】
あまり知られたいませんが、実はヘリコプターやセスナは車と違いフルモデルチェンジすることがほとんどありません。そのために最新のヘリコプターと言っても、 10年前に発表されたものだったりすることは珍しくないのです。そのようなこともあり車と比較して構造もシンプルで、車のエンジンで考えると一般的には2~3世代前のエンジンが搭載されています。

そのためエンジンオイルに関して考え方が異なっていて、エンジンのパワーupや排気ガスなどの不純物を取り除く性能を追求するよりも、飛行中にエンジンが止まってしまわないようにする方が重要なため、潤滑性能にプラスしてエンジン内部の誘惑補充を考えて硬めのエンジンオイルを使用しています。

・簡易型ヘリコプターのエンジンは、ほとんど旧世代のフォルクスワーゲンのエンジンを思わせるような空冷式の水平対向型エンジンを搭載しているものが多いのです。そのためエンジンオイルも旧タイプのエンジンオイルとの素性がとてもよいのです。

・エンジンの回転がそのままヘリコプターのプロペラに動力として伝わる仕組みなので、変則ミッションなどは取り付けられていません。

【車と違ってオイルに冷却効果は求めていません】
最近の車はエンジン性能を引き出すために、エンジンオイルの温度すなわち油温を綿密にコントロールして入入ぐらいこだわっています。

しかしヘリコプターのエンジンは、エンジンオイルに冷却効果は求めていません。なぜならヘリコプターは高度3,000メーターを飛ぶため、エンジンを冷却しなくても大丈夫だからなのです。つまり高度が高くなるほど気温が低くなるため冷却する必要がなくなるのです。その上もともとヘリコプターにはエアコンなどの装置もないので、車のエンジンと比べると熱交換も高いのです。

ちなみに車のエンジンオイルをヘリコプターのオイルとして使用できるが、ヘリコプターのエンジンオイルを車に入れると、エンジンの回転が鈍くなり排気ガスが濃くなったりするので注意が必要です。

ハイラックス買取査定