Daily Archives: 12月 7, 2016

エンジンオイルの代わりに食用油利用できるのでしょうか?

車のエンジンには、当然エンジンオイルしか扱えないと思っている人もいますが、実は食用油でも代用することが可能なのです。ただし使用できる期間は2日ぐらいと認識していただいたほうがいいかもしれません。

【実は某石油メーカーも食用油を研究しているのです】
辛いのほどは定かではありませんが、一昔前のレースの世界ではここぞと言うタイムアタックのときにはエンジンオイルの代わりに食用油を使っていたチームもあったと言われています。またそれをヒントにして食用油をエンジンオイルの代わりに利用できないのかと、実際にある石油元売りメーカーの技術チームがスーパーで売られている食用油を研究したことがあるという話でした。もっと歴史をさかのぼれば、食用油の原料であるひまし油が車や航空機のエンジンオイルとして利用されていた時代もありました。つまり結論先に言ってしまえば食用油もエンジンオイルとして利用できるということなのです。

ちなみにそのある石油元売りメーカーの技術チームメンバーだった人によると、スーパーで購入してきた食用油の中で、やはり高級サラダオイルがエンジンと組成がベストであったと言う話でした。とりわけハイオレック種のべに花種子だけで作られた100%ピュアオイルで、オールインさんを多く含んだものが参加に強くて、もしかするといいかもしれないと言っていました。ではどうして食用油をエンジンオイルとして受容できないのでしょうか?と聞いてみた所、やはり1番の理由はコストの問題でした。つまり石油から作る方がはるかに簡単で、1番安く作れるからといっていましたが、原油がさらに高騰すれば、引用される可能性は十分にあるのです。

ただし現状のままではエンジンオイルの代わりとして利用できるといっても、せいぜい2日程度の話なのです。なぜなら食用油には参加防止剤や蒸発抑制剤等といった添加物が入っていないからなのです。おまけに車によっては、クリアランスにシビアなエンジンを搭載しているものもあるので、あまりおすすめできないと言うのが実情であります。

【エンジン俺の代わりに食用油を入れてみましたが・・・】
もしエンジン俺の代わりに食用油を入れると、エンジンが壊れてしまうと思う人は多いのではないでしょうか? 。さらにオイルギリシャの中にもっと、そう思い込んでいる人は少なからずいるようなのです。ですが食用油も皮膜を形成するため、潤滑性能やエンジン内部の医学保護によるエンジン保護ができるので、俺として一時的に利用することができます。

そして、じんわりのように添加剤を混合すれば、代用のエンジンオイルとして利用することが可能なのです。しかし市販されているエンジンオイルと比べると油膜に乏しく、エンジンを高回転で回し続けて、エンジンが高温状態になる走りを続けることを想定すると、信頼性に欠ける部分があるのが現状のようです。

【実はもともと食用油はエンジンオイルとして使われていました】
今や石油製品が当たり前の時代です。ですが今から50年から60年前ではエンジンオイルにも食用油などを使用していた時代がありました。なぜエンジンオイルにも利用していたのかというと、この当時は原油から高性能エンジンオイルとなるペースオイルを抽出する技術よりも、大豆などの植物からエステル基10なぐでーすオイルを抽出する方が技術的にも簡単でコストが安価。を脇に銀行から取れるエステル基のOL成分よりも、品質の良いベースオイルを作ることができるからなのだそうです。

他にもその当時は、ブレーキフルールドとしてナタネ油を使っていたのも、こうした事言うからであると言われています。しかし今日ではこの状態が逆転し、石油系俺の方が安くて確実に生産することが可能になりました。

意外にもレースでは市販オイルを使用している事が多い!

レーシングオイルは決して特別な物では有りません!
よくレースでは超特別なスペシヤルオイルを使用していると思うかもしれませんが、意外と一般に市販されているエンジンオイルと同じオイルを使つて戦つているところも多いのです。

【やっぱりポイントはエンジンオイルの硬さなのです】

やっばりいちばんのポイントは エンジンオイルの硬さである  レーシングカーにしろラリーカー にしろ、石油メーカーがサポートしている自動車レース車両には、特別なエンジンオイルが使用されていると思われがち。しかし実状を知ると けっしてそうではなく、ときにはレ―スが開催されるところの近所のガソリンスタンドヘいつて、エンジン オイルを買って入れて戦つているチ―ムも、ごくまれにあるのだ。

なぜなら最近のエンジンオイルは、”年前に市販されていたエンジンオイルにくらべて性能や品質が高 く、とりわけ化学合成油のエンジンルオイルはまつたく別物といってもいいほどの進化をとげている。だから、短時間で走行距離が決まつているレ―スという使用条件であれば、わざわざレース用に特別なエンジンオイルをつくつて一発勝負にかけるようなリスクをおかすよりも、一般にられているエンンオイルを上手に使い分けるほうが、信頼性の面で安心なうえ、現在売られているエンジンオイルのメリットやデメリッ卜、抱えている問題点を知ることができるというのが、彼らのロジックとしてあるそうだ。

ちなみに、エンジンオイルひとつでクルマの特性を変えられる。たとえばストレートの長い一局速サーキツトでは‐5W ‐Qのエンジンオイルを
使い、ドライバーに9000回転あたりでシフトチエンジポイントにしてもらつてオイル温度を調整してもらいながら、オーバーテイク時のトルク特性がでるようにするとか、コ―ナーの多いサーキットではあえて0W ‐ 20や5W – 20を使い、できるだけパワーバンドになる3000〜4000回転時のビックアツプをよくするなどのセツテイングをおこなっている。つまり、それだけエンジンオイルはクルマにとつて重要だと言う事がお分かり頂けると思います。

【各メーカにとってレースで走らせる事が実験に繋がります。】
レース関係者などに「レースは事室だ」と言うように表現する人がいますが、まさしくその通りなのです。一般道での目的地までドライブするとは大きく異なり、レースでは車と車が競って限界で走るわけなので、普段とは違う使われ方やトラブル事例が発生するため、メーカーとしては今までの研究で気づかなかったことを発見することができるのです。そのためメーカーの技術者たちは勝負の勝ち負けよりも、なぜこのパーツがヘタってしまったのか?というような環境や条件で性能を発揮できたのか?あるいはできなかったのかを分析して、さらに対策パーツを作ってレースを走らせるという実験が怒られているのです。自動車レースの背景はこのようなことが行われているのです。

【あるエンジンメーカーではこんな実験もやっています】
某有名オイルメーカーの話ですが、そのメーカーではとあるチームにわざわざ市販の新品エンジンオイルを提供して、そのかわりレースで走ったオイルを返却してもらう契約を結んでいます。なぜそんな契約を結んでいるのかというと、実は肺葉分析することによりドライバーの運転スタイルやドライビングテクニック、エンジンをはじめ各部のヘタレ具合までを知ることができるからなのです。

つまり分析で分かった事を解析して、次回販売するオイルに反映することを目的としています。もし自社で同じような事件をやろうとすると、レースに協賛する以上のコストがかかってしまうことが想定されるからなのです。昔のようにレースだけの特別なオイルではなく、師範様でも十分にエンジンの性能を引き出せるぐらい、現在のエンジンオイルは性能がアップしているということなのです。

バイク買取高額査定

クルマによって相性のよくない エンジンオイルが存在する⁈

とりわけ古いタイプのヨーロッパ車はエンジンオイルにも拘りが大切!
国産車はむかしから品質の基準が高いためか、オイルもれによるトラブル聞いたことありませんでしたが、10年落ちくらいの輸入車に乗つている人はオイルもれで悩まされることも多いという。それはなぜなのでしょうか?

【自動車メーカーにとっては日本仕様のクルマは大変だ】
とある輸入車メーカーの技術者がいっていたことだが、日本で次期モデルを発売する際、必ず最終チエツク走行を東京都内でおこなうそうだ。なぜ東京都内でテスト走行をするのかというと、世界中でいちばん過酷な条件だからという理由だ。

たしかに東京都内の交通状況を考えると、首都高は長蛇の渋滞区間もあれば、スムーズに流れているところもある。 一般道は大きな国道と込み入った路地が入り組んでいて、信号も多い。おまけに夏場になれば、ヒートアイランド現象が発生して、場所によつては気温50℃近くのところを走らなければならないこともある。さらに湿度の高い梅雨もあれば、雪が降ることもある。

しかしヨ「ロツパの場合には比較的気候が穏やかで、年間1000m以上の雨が降る地域も少ない。クルマの走行距離はヨーロツパで走るクルマのほうが多いものの、東京都内のようなゴー&ストツプを頻繁にくり返すような走りはしない。だから日本で走るクルマにくらべて、ヨーロッパで走るほうがパーツの劣化が遅いのだ。そのため、日本車のような対策をほどこしていない。

さらに日本のエンジンオイルとヨーロッパのそれとでは、オイルに求める性能や、オイルに対する考え方が異なっている。そのため日本ではカー用品店で普通に買えて、国産のクルマに使用されているエンジンオイルのなかには、添加剤としてリン系の化合物を多く使用しているものがあるので、ヨーロツパ車と相性があわないこともしばしば。
そのことを知らずに使うと、ときにはひどいオイルもれを引き起こしたり、ひどい場合にはエンジンのオーバーホール修理をしなければならないトラブルになることもある。

【ヨーロッパ車はエンジンオイルの好き嫌いが厳しいのです!?】
よく外車は気難しいと言う人がいます。そう言われた見るとたしかに、国産車と比較すると車が壊れる頻度が多かったり手間がかかることが多かったりで、手間がかかるのは確かです。

ですがこれは、車が使われる環境が違っていたりするとどうしても起きてしまう不具合は有りますので、仕方のないことなのかも知れません。
そしてエンジンオイルに関して言えば、日本で作られている物と、ヨーロッパで作られるものとは特性が異なる物がほとんどだったのです。もし車に適合しないエンジンオイルを使ってしまうと、予期せぬトラブルにもなりかねません!

その様なこともあるため、日本の正規ディラーではメーカ指定のエンジンオイルを推奨していて、社外品のエンジンオイルの使用を極力避けるように指導しています。

中古車買取査定相模原