Daily Archives: 12月 4, 2016

新車時に入っているエンジンオイルは実は最高給グレードなんです!

新車に包まれ入っているエンジンオイルを、ディーラーなどでは1,000キロ& 1カ月点検で捨ててしまいますが、実はあのエンジンオイルは主観で買うと4リッターは1万円以上する超高級オイルだという事をご存知でしょうか?

【メーカーはクレームを少なくするために新車12高級オイルを装填しています】
自動車メーカーの工場で車を組み立てるときは、生産ラインでのみ装着される消耗部品が存在します。タイヤやスパークプラグなどでそのようなケースがあり、ディーラーやカー用品店では完全に同一のパーツが入手できないことがあるのです。これと同じようなことがオイルにも当てはまるのですが、最近ではライン装填用オイルの高品質化も進んでいるようであります。
エンジンやミッション、足回り等の数多くのパーツが擦れ合っている部分では、本来の性能を出すのになじめを出しておく必要があるのです。

例えば2つのパーツや擦れ合う場合に、もともとは別々に機械加工されているものをなので、初めのうちはお互いの接触状態が均一ではなく、動かして行くうちにスレ野菜が行われていくのです。このなじみを出してトラブルを防ぐのがならし運転なのです。昔ほどでは無いとは言え、嵐の初期段階では鉄分など消耗粉が多く発生します。このためエンジンオイルにも慣らしに適した専用ブレンドを使うメーカーもあるようなのです。

また現在のエンジンは、省燃費性能を追求するためピストンやコンロとなどの軽量化や需給受けの小型化を極限まではかる傾向にあり、オイル量を少なめにしていることもあわさり、俺の負担はますます増えているのです。

それに加えて新車10のクレーム対策も重要になっています。つまり下手に安い容量使ってしまうと車を購入したお客さんが何かしらの車の不具合や不調があったとアンチ害しないように、最善を尽くしていると言う意味もあります。そのようなことから車の生産ラインの装填するオイルは高性能かつ市販で代用品が入手しにくいタイプがあります。そのためあまり早く交換してしまうと、折角の新車10の高品質なオイルを無駄にしてしまう例もあるようです。

【新車はなぜエンジンが気持ちよく回せるのかというと・・・】
感覚の鋭い人なら、新車から初めての定期点検を受けた後に何かパワーダウンしたような、あるいはフィーリングが違うと感じたことがあるかもしれません。しかしそれは決して間違いではなく、自分が受けた感覚が間違いでは無いことが多分にあるのです。理由は先ほども少し書きましたが、新車ラインで装填されたエンジンオイルは市販のエンジンオイルよりも数段良い物を入れているからなのです。だから新謝辞に入っていたエンジンオイルと初めての点検の時に交換してもらったエンジンオイルではフィーリングが異なるのは決して錯覚では無いのです。

ドコモ調子が悪くないにもかかわらず、新謝辞のエンジンオイルから初回点検時のエンジンオイルに交換した後に違和感を感じるのは、極端に言えばエンジンオイルの性能が異なるからなのです。

【新車に当たり外れがあるのはオイルのせい?】
新車でも同じ車種で同じエンジンなのにあいつの車の方が調子が良くて、俺の車は吹け上がりが鈍いということを、しばし耳にすることがあると思います。しかし、そういうことがあっても当然なのです。なぜなら自動車メーカーはあちらこちらに車の生産工場を持っていて、お客さんからの受注にあわせてそれぞれの工場で車を製造するために、工場によって取り付けられるパーツが多少異なることがあるのです。

もちろんエンジンオイルに関しても供給を安定させるため、A工場ではB工場のオイルを、オイルとして、C工場ではD社のオイルが、俺として使用されることも多々あるのです。そのため感覚が鋭い人はそれに気づいて車の個体差の違いを見つけてしまい、そのように表現することがあるのかもしれません。

愛車買取高額査定

エンジンオイルはどれくらい持つものなのでしょうか?

【車の使い方によっても交換サイクルは異なります】

やっぱりエンジン俺の交換サイクルは知っておきたいものですよね!
エンジンオイルのメインテナンスで1番議論になるテーマが交換サイクルをどのくらいに設定するかだと思います。確かに車の取扱説明書では1万5,000キロなどと書いてあってもカーショップやガソリンスタンドでは5000km前後での交換を推奨される。そこでエンジンオイルにとってやさしい使用条件を考えたとき、やはり油温(油温がЮヽ100℃の状態)を保ちながら、クルマにとつて低〜中程度のパワーでたりつづけること。つまり高速道路を100km/h程度で走行することがエンジンがオイルにとって最適な使われ方である。現にヨーロツパ■では高品質オイルの使用と、補充点検さえすれば2万〜3万hごとの交換サイクルで大丈夫といっているものもある。

反対にオイルに過酷な条件は、近距離の買い物やちょい乗りなのです。このときは、水温が上がってもオイル温度が上がらず、なかに水分がたまりやすくなってしまうため、スラッジというヘドロ状物質が発生するもとになリオイルが早く汚れてしまいます。走行距離があまりに少ないエンジンは、回り方が重かつたり汚れが激しいのもこのためで、自動車メーカーにより定義が多少異なるものの、1回の走行が8km以下や走行距離の30%以上が加km/h以下の走行を「シビアコンディション一としており、標準より早めの点検や部品交換を推奨していいます。

日本での使用環境を考えると、信号待ちや渋滞、短距離走行が多く、シビアコンディションに相当するケースがほとんどなのです。そのため自動車メーカーでは交換サイクルを1万〜1万5000肺と想定しているが、多くの人にとつてその半分の距離の5000m、多くても約8000kmでの交換が望ましいと言えるのです。

【エンジンオイルはよく怠け者で捉えられる??】
エンジンオイルの缶ンを開けたらオイルは空気に触れて老化してしまいます。たとえ未使用のオイルでもすぐに処分するか、他の車に使用することを勧めていますが、果たしてその言葉通り真実なのかといえばなかなかそうとも言い切れない部分が実はあるのです。なぜなら現在のエンジンオイルは長持ちするようにつまり酸化して老化しないようにいろいろと工夫がされているからなのです。だから多少を缶の中にエンジンオイル残していても、しっかりと蓋を閉めておけばある程度の期間であれば大丈夫なのです。

しかしいちどエンジンの中に入れたオイルはそういうわけにはいきません。なぜならエンジンの熱を受けて酸化作用が促進されるいるからなのです。やはり定期的に交換しなければいけません。

【車やドライバーによってもエンジンオイルの寿命は異なる?】
エンジンオイルの寿命は使用条件によって変わってしまうことがお分かりいただけたと思います。やはり半永久的に使えるわけではなく定期的に交換しなければならないものだと認識していたわけでは良いと思います。エンジンオイルの一言で言っても実は多くの役割を担っているのです。そのためエンジンオイルにはいろいろな添加剤が含まれているのです。

だからと言いえ潤滑性能が保たれていても、冷却、清浄などの他の作用が得られなければエンジンオイルとしての役割を十分に果たすことができません。車によって、あるいは運転するドライバーによってもエンジンオイルの寿命に触れてくるのもこうした理由からなのです。

愛車買取センター