軟らかいエンジンオイルが最近のトレンドです!

【軟らかいエンジンオイルを使うとどんなメリットが得られる?】

エンジン俺の役目で1番重要なのが高速で回転したり擦れあったりするパーツの間に入って摩擦を押さえてやる性能、いわゆる潤滑作用である。この潤滑作用、すなわちエンジン内部のパーツとパーツとの間を取り持っているのが、オイルの粘り気(粘度)と言うわけなのです。

もっと具体的に説明するとパーツの表面に皮膜をコーティングするようにして、金属同士が直接接触しないようにしています。基本的には粘度が高いほど粘り気が高いため大きな力に耐えやすく、クッションとしての働きや隙間の機密性も高くなるので、エンジン音を静かにしたりピストンとシリンダー間で発生するがその吹き抜け(ブローバイガス)を減らす能力が高くなります。

ところが粘性があると動くものに対してブレーキをかけることにもなってしまいます。例えばなめらか表面の机にオイルを垂らして下敷きのような板を滑らせると、へばりついて簡単には動かせなくなりますが、これはエンジン内部でも同じような現象としてつきまといます。

このため高い燃費性能が要求される最近のエンジンのほとんどは、0W-20や5W-20と言う低粘度オイルを使用しています。これは昔の主流であった10W-30や10W-40などもオイルと比べると、低音から非常にサラサラした粘度になっています。朝、冷え切ったエンジンをかけるときはオイルの粘土も固いので抵抗は増えて燃費が悪くなりますが、0w-〇〇や5w-××などのWがつく低温側の粘度が小さいものは、その度合いを極力小さくすることができます。さらに高温側も20番と柔らかく、幅広い温度力で抵抗にならないようにされています。

【ロータリーエンジンも0w-20オイルというのは本当なのでしょうか?】
一般にロータリーエンジンはガソリンのレシプロエンジンよりも発熱量が多いとされています。そのためかロータリー専門店と呼ばれるチューニングショップなどでは、どちらかといえば後年度のエンジンオイルを推奨してー年度のエンジンオイルはタブーとされてきました。ところが最近は純正ホールとして0w-20が使われるようになり、これまでの常識が非常識でなくなりつつあります。しかしこれは最近、とりわけ2005年以降の車に限ったことです。ちょうど以前すなわち2000年前後の車に0w-20を使って重いいという話が当てはまるかといえば決してそうではないのでその点は注意してください。

【0w-20のエンジンオイルは時代の要求で誕生しました】
現在の車の2台に1台が0w-20という低粘度エンジンオイルが指定されているくらい、0w-20のエンジンオイルは我々の車生活中で標準化しつつあります。つまり今までのオイルの常識は今では無効になりつつあると言っても過言ではありません。

ではなぜ0w-20という低粘度のエンジンオイルが一般化してきたのか?それは現在の地球環境と原油高にあります。とりわけ地球環境の観点で言えば、 2001年の京都会議から・・・。2008年に北海道の洞爺湖で行われるg8サミットでも、環境問題が定義される予定だと言われています。

ハイラックス買取査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です