意外にもレースでは市販オイルを使用している事が多い!

レーシングオイルは決して特別な物では有りません!
よくレースでは超特別なスペシヤルオイルを使用していると思うかもしれませんが、意外と一般に市販されているエンジンオイルと同じオイルを使つて戦つているところも多いのです。

【やっぱりポイントはエンジンオイルの硬さなのです】

やっばりいちばんのポイントは エンジンオイルの硬さである  レーシングカーにしろラリーカー にしろ、石油メーカーがサポートしている自動車レース車両には、特別なエンジンオイルが使用されていると思われがち。しかし実状を知ると けっしてそうではなく、ときにはレ―スが開催されるところの近所のガソリンスタンドヘいつて、エンジン オイルを買って入れて戦つているチ―ムも、ごくまれにあるのだ。

なぜなら最近のエンジンオイルは、”年前に市販されていたエンジンオイルにくらべて性能や品質が高 く、とりわけ化学合成油のエンジンルオイルはまつたく別物といってもいいほどの進化をとげている。だから、短時間で走行距離が決まつているレ―スという使用条件であれば、わざわざレース用に特別なエンジンオイルをつくつて一発勝負にかけるようなリスクをおかすよりも、一般にられているエンンオイルを上手に使い分けるほうが、信頼性の面で安心なうえ、現在売られているエンジンオイルのメリットやデメリッ卜、抱えている問題点を知ることができるというのが、彼らのロジックとしてあるそうだ。

ちなみに、エンジンオイルひとつでクルマの特性を変えられる。たとえばストレートの長い一局速サーキツトでは‐5W ‐Qのエンジンオイルを
使い、ドライバーに9000回転あたりでシフトチエンジポイントにしてもらつてオイル温度を調整してもらいながら、オーバーテイク時のトルク特性がでるようにするとか、コ―ナーの多いサーキットではあえて0W ‐ 20や5W – 20を使い、できるだけパワーバンドになる3000〜4000回転時のビックアツプをよくするなどのセツテイングをおこなっている。つまり、それだけエンジンオイルはクルマにとつて重要だと言う事がお分かり頂けると思います。

【各メーカにとってレースで走らせる事が実験に繋がります。】
レース関係者などに「レースは事室だ」と言うように表現する人がいますが、まさしくその通りなのです。一般道での目的地までドライブするとは大きく異なり、レースでは車と車が競って限界で走るわけなので、普段とは違う使われ方やトラブル事例が発生するため、メーカーとしては今までの研究で気づかなかったことを発見することができるのです。そのためメーカーの技術者たちは勝負の勝ち負けよりも、なぜこのパーツがヘタってしまったのか?というような環境や条件で性能を発揮できたのか?あるいはできなかったのかを分析して、さらに対策パーツを作ってレースを走らせるという実験が怒られているのです。自動車レースの背景はこのようなことが行われているのです。

【あるエンジンメーカーではこんな実験もやっています】
某有名オイルメーカーの話ですが、そのメーカーではとあるチームにわざわざ市販の新品エンジンオイルを提供して、そのかわりレースで走ったオイルを返却してもらう契約を結んでいます。なぜそんな契約を結んでいるのかというと、実は肺葉分析することによりドライバーの運転スタイルやドライビングテクニック、エンジンをはじめ各部のヘタレ具合までを知ることができるからなのです。

つまり分析で分かった事を解析して、次回販売するオイルに反映することを目的としています。もし自社で同じような事件をやろうとすると、レースに協賛する以上のコストがかかってしまうことが想定されるからなのです。昔のようにレースだけの特別なオイルではなく、師範様でも十分にエンジンの性能を引き出せるぐらい、現在のエンジンオイルは性能がアップしているということなのです。

バイク買取高額査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です