専門家でも現在のオイル常識を知らない人に遭遇!?

オイルの交換はどれくらいのサイクルですればいいのか探究してきた。もちろん石油元売リメーカーの技術者にも、またチューニングメーカーのオイル担当者も同じ質問をしてみたが、エンジンオイルの交換サイクルの目安は 5000kmまたは6カ月という意見が圧倒的多数だった。しかし、近所のガソリンスタンドやカー用品店のスタッフで、3000kmまたは3カ月で交換しないとエンジンがダメになる、と熱心に説明してくる人も何人かいた。とはいっても、SM級エンジンオイルはSL級エンジンオイルの倍以上の耐久性がなければ、SM級を取得することができない。

つまりSL級エンジンオイルが500飲mまたは6カ月ごとに交換とうたっているのであれば、SM級は 1万kmまたは1年ごとに交換で十分ばはずずです。そうなると彼らがいうことは信用できないといわざるをえない。 そこで、ややふりぃ資料をひもといてみると、なぜエンジンオイル交換にマチマチな意見があるかという理由が少しわかった。その資料の論旨を要約すると、エンジンオイルを交換する理由とは、 1番が精神衛生交換で、オイルが黒く汚れると交換する、もっとも一般的なタイプ。2番のマニュアル交換は、取り扱い説明書どおりに1万キロあるいは半年で交換。3番は車検時交換。

これは、もっとも交換サイクルが長くて12 カ月あるいは2年に一度の車検時のみ交換するズボラなユーザー。最後の4 番の物理変化交換は、変色、減り、粘度の変化など少しでもオイルの劣化を認めると即交換。このタイプは、ほぼ 3000hnか3カ月で交換するのだが、読者の志向が4番のタイプならば3000kmまたは3カ月でも良いでしょう。

そう言えば先日自宅のガレージの片づけをしました。エンジンオイルの空き缶や使わなくなったケミカル材なんかが散乱してて片づけるのに意外と時間がかかってしまいました。

中でも大物は、エンジンが壊れて乗らないまま置きっぱなしになっていた単車を処分したんです。初めは解体やさんにお願いするつもりだったのですが、バイク買取 相模原 から買取査定をしてみる事にしました。

結局おもっていた金額よりもだいぶ高い金額で購入してもちゃいました。ちょうおすすめのバイク買取業者さんでしたよ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です