定期的にエンジンオイルを交換すればクルマは長持ちします!

【自動車メーカーも10万キロまで快適に乗れるように設計しています】
今現在の自家用車は、いまから30年前の 10万kmを超えると耐用年数が終わり動かなくなると思われていた時代からくらべると、技術的に格段に進歩して耐久性が上がり信頼性も高くなった。

自動車製造メーカーも少し前までは、10万kmまでもてばいいという考え方から、10万kmというのはあくまでも通過点にすぎず20万~ 30万km、場合によっては50万km以上はたらせないと寿命を迎えさせないという方針に変わってきている。 そのためか、最近のクルマはコンピュータで徹底してされており、一般の修理工場やサンデーメカニックが自動車メーカーの日がとどくデイーラーでチェックを受けてもらって、そのクルマのメンテナンスをコントロールするという考えがエンジンルームにも見られる。

とりわけベンツなど輸入車メーカーは、すべて本部のホストコンピュータと各iF規デイーラーの工場が LANで結ばれていて、いつだれが所有するクルマがデイーラーヘ人庫し、どんな点検や整備をおこなったかまで記録される。 整備マニュアルも、本部のホストコンピュータと、各正規デイーラーなどの工場とLANで結ばれているコンピュータでしか確認できない状況になっている。

では、われわれはクルマを長くもたせるためには何ができるのか?むかしからいわれるように、顔なじみのガソリンスタンドやカー用品店店に行って定期的にエンジンオイルを交換するくらい。とはいっても、これはとても重要なことであり、クルマの寿命をのばすためのもっとも有効なメンテナンスなのである。

愛車買取高額査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です