大手カー用品店ではエンジンオイルの上抜きが一般的です

【ユーザーが希望すればどちらの方法も選択可能です】
大きなカー用品店に行ってエンジンオイルの交換を依頼すると、「上抜き」ですかそれとも「下抜き」にしますか?と尋ねられます。そこでお任せしますと答えると、作業する車や状況によって異なるものの、上書きでエンジンオイルの交換作業を行うことが多いのです。

確かには抜きでエンジンオイル交換するためには、オイル支援者という装置を使用するので、一般の人から見るといかにもメカニカルな雰囲気を醸し出しています。そのため上書きで交換作業をする方が、素晴らしいように思えてしまうかもしれません。

しかし下抜きでエンジンオイル交換するからといって、エンジンにとってないかデメリットがあるのかというと、決してそんな事はなく、現にオイルパンにはエンジンオイルを排するためのドレンボルトがついています。つまり自動車メーカーとしては、エンジンオイルの交換は下抜きでするものと想定しているのです。

ではなぜ和暦でエンジンオイル交換するケースが多いのでしょうか?大手から用品店でオイル交換をしてもらったついでに聞いてみることにしました。

【上抜きの方が安全で作業時間も短縮できる】
ちなみに大手量販店ては、おおまかにいって3つの理由から上抜きを選択しているそうです。

例えばドレンが高い位置に付いているとエンジンオイルがオイルパンにたまって残ってしまうような、上抜きの方がオイルパンの構造上たくさん抜ける場合。またドレンボトルが固着していたり、無理矢理緩めてドレングチを舐めてしまったりいただいてしまうケースなど、つまり車のオーナーに対する配慮して作業する際に行う。

2つ目の理由としては、エンジンオイルを交換するスタッフの安全確保。すなわち車体の下に潜って作業すれば、当然それなりの危険を伴います。万が一事故が発生する可能性をできる限り減らすためなのです。

3つ目は依頼する人の心のゆとりの問題。つまり急いでいるのに車体を持ち上げて作業するよりも、オイルチェンジャーで出られた方が時間的に断然早いからなのです。

とはいっても実際にはケースバイケースと言うことだそうです。なぜなら車によっては上抜き作業ではエンジンオイルが抜け切れないものもあり、そうした場合にはオイル交換を依頼したお客さんに事情説明して、下抜きで作業を行うようにしています。しかし通常は急いでいる場合にはオイルを上抜きで交換しています。

愛車買取センター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です