フラッシングの効果はどれくらいあるのでしょうか?

一昔前までは、エンジンを長く持たせるためにはブラッシングすると良いと言っていましたが、最近ではブラッシングはエンジンとってよくないという人もいるのです。本当はどちらが正解なのでしょうか?

【ブラッシングすることでどんなメリットがあるのでしょうか?】
ブラッシングというのは、エンジンオイル系統の「すすぎ作業」です。エンジンオイル交換でご利用のいても内部にいくらか降る夜が残ってしまいます。つまりどんなに新しいエンジンオイルを入れたとしても、何パーセントかは古いエンジンオイルが混ざってしまうのです。

またエンジンオイルを長く使っているとエンジン内にスラッジと呼ばれる黒いヘドロ状の固形物が生成してエンジン内部のパーツを擁護したり、ひどい場合には俺のツールをふさいだりしてしまいます。このような汚れは粘着性がありオイルを抜いただけでは外に排出することができないのでこれを洗い流す意味もあるのです。

ブラッシングをやるかやらないかはエンジンのあのドヤ俺の交換spanによっても変わってきます。5000~8000km以下で交換している場合には、すだちはほとんどたまらないでしょうから効果はほとんどありません。 1万キロ以上使ってオイルの汚れも厳しくなって来るなら約ていいかもしれません。ただしエンジン俺の汚れ方はエンジンの状態と~でも変わるので、その点を考慮しておいてください。また蘇生がわからない中古車を買ったときには万全を期して最初にやっておくほうがいいかもしれません。

ブラッシングの方法は、簡単なものではオイル交換前に添加剤を投入するもの、専用オイルに行ったん交換するものなどがあります。このタイプはあくまで杉と思ったほうが無難です。さらに専用のブラッシングマシンを使って外部から洗浄液を強制循環させるものがあります。値段も高価ですが汚れを落とす能力は高いです。それでも内部の子達を完全に除去できるわけではないので結局は適切なオイル交換が肝心と言えるのです。

【フラッシングOILを排出するとやっぱり汚れていました】
あまり知られていませんが、実はエンジンはたとえオイルが抜けてたとしても、ほんの少しエンジンにオイルが溜まっているようにできているのです。というよりもなっているというのが正しいかもしれません。車をハードにイギリスなら分かると思いますが、エンジンからヘッドカバーを取り外した際など、ヘッド内部の四角などにほんの少しエンジンオイルが残っているのを見たことがあると思います。これはエンジンからエンジンオイルが抜けてもすぐに嫌気しかないようにフュー対策もあるそうなのです。しかし「エンジンオイルが貯まる」=「古いエンジンオイルが残る」ということになるので、古いエンジン俺の汚れが混じっても仕方のないことなのです。

カイトリチュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です