カー用品店でいちばん 売れているオイルは?

【一般ユーザーの交換オイルは4L3000円が選択の目安】
カー用品店に行くと、じっに多くのオイルが陳列されている。初めてカー用品店に訪れた人はどのオイルにしようかと悩むことだろう。たしかに値段が高ければ高いほど、品質のよいエンジンオイルであることはだれでもわかることだ。

しかし、値が張るエンジンオイルはいくら自分のサイフと相談したところで、なかなか買えない。だから、カー用品店で購入して交換を依頼する人は、どんなブランドのエンジンオイルを使っているのか? 値段はどのくらいのか? だれもがとても気になると思う。そこで無数のブランドのオイルを取り扱っている、大手カー用品店にに開いてみたところ、有名ブランドよりも4L3000円前後で購人できるエンジンオイルがいちばん売れ筋との事。つまり、この価格帯が財布を握っている奥さん方の一つの目安となっているようです。

さらに最近では、軽自動中やコンパクトカーを所有するお客さんが多く、OW ‐20といった低燃費指向のエンジンオイルを選ぶので、以前にくらべてオイルに対するこだわりがなくなってきているという。

【それでははカー用品店でオイルで選ぶポイントは?】

とはいっても、やっばり安心できるのは自動車メーカーが指定する純正オイルや価格の高いエンジンオイルだと、だれしもが思うにちがいない。しかしエンジンオイルは、クルマによって相性のよいものと相性の悪いものがあるため、無作為に選んでもいいものではない。たとえば高性能スポーツカーに軽自動車用のエンジンオイルを使用すると、エンジン性能を引き出すどころか、むしろドライブフィーリングが悪くなる。

逆に高性能エンジン用のエンジンオイルを軽自動車に入れたところで、問題なくエンジンは回るものの、エンジンのパワーが上がるのかというとそんなことはなく、逆に燃費の面では悪化という現象があるかもしれない。だから、もし初めてディーラーや修理工場以外でエンジンオイルの交換を依頼する場合には、まず自分のクルマの車種名と年式、エンジンの排気量を確認すること。それから予算を決めてカー用品店のスタッフに相談するのがベストです。

またスポーツタイプの車に乗っている人などは、以前よりもエンジンオイルに対する正しい知識を身につけて、自分の車にもっともマッチするエンジンオイルが分かるになれば、それにぴったり合うエンジンオイルなら多少たくても購入したいと思うはずです。そこで出来るだけ専門家にアドバイスをもらうことが得策と言うわけなのです。

※ココがポイント

・最近では車によって使用するエンジンオイルの種類だけでなく、情報まちまちです。そこで車に早稲田販売方法が定番になりつつあるのです。

・特定のブランドのエンジンオイルは、エンジンの形式や特性に合わせてセッティングしたエンジンallになっているので、いちど試してみるのも良いかもしれません。

中古車買取査定相模原

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です