エンジンオイルはどれくらい持つものなのでしょうか?

【車の使い方によっても交換サイクルは異なります】

やっぱりエンジン俺の交換サイクルは知っておきたいものですよね!
エンジンオイルのメインテナンスで1番議論になるテーマが交換サイクルをどのくらいに設定するかだと思います。確かに車の取扱説明書では1万5,000キロなどと書いてあってもカーショップやガソリンスタンドでは5000km前後での交換を推奨される。そこでエンジンオイルにとってやさしい使用条件を考えたとき、やはり油温(油温がЮヽ100℃の状態)を保ちながら、クルマにとつて低〜中程度のパワーでたりつづけること。つまり高速道路を100km/h程度で走行することがエンジンがオイルにとって最適な使われ方である。現にヨーロツパ■では高品質オイルの使用と、補充点検さえすれば2万〜3万hごとの交換サイクルで大丈夫といっているものもある。

反対にオイルに過酷な条件は、近距離の買い物やちょい乗りなのです。このときは、水温が上がってもオイル温度が上がらず、なかに水分がたまりやすくなってしまうため、スラッジというヘドロ状物質が発生するもとになリオイルが早く汚れてしまいます。走行距離があまりに少ないエンジンは、回り方が重かつたり汚れが激しいのもこのためで、自動車メーカーにより定義が多少異なるものの、1回の走行が8km以下や走行距離の30%以上が加km/h以下の走行を「シビアコンディション一としており、標準より早めの点検や部品交換を推奨していいます。

日本での使用環境を考えると、信号待ちや渋滞、短距離走行が多く、シビアコンディションに相当するケースがほとんどなのです。そのため自動車メーカーでは交換サイクルを1万〜1万5000肺と想定しているが、多くの人にとつてその半分の距離の5000m、多くても約8000kmでの交換が望ましいと言えるのです。

【エンジンオイルはよく怠け者で捉えられる??】
エンジンオイルの缶ンを開けたらオイルは空気に触れて老化してしまいます。たとえ未使用のオイルでもすぐに処分するか、他の車に使用することを勧めていますが、果たしてその言葉通り真実なのかといえばなかなかそうとも言い切れない部分が実はあるのです。なぜなら現在のエンジンオイルは長持ちするようにつまり酸化して老化しないようにいろいろと工夫がされているからなのです。だから多少を缶の中にエンジンオイル残していても、しっかりと蓋を閉めておけばある程度の期間であれば大丈夫なのです。

しかしいちどエンジンの中に入れたオイルはそういうわけにはいきません。なぜならエンジンの熱を受けて酸化作用が促進されるいるからなのです。やはり定期的に交換しなければいけません。

【車やドライバーによってもエンジンオイルの寿命は異なる?】
エンジンオイルの寿命は使用条件によって変わってしまうことがお分かりいただけたと思います。やはり半永久的に使えるわけではなく定期的に交換しなければならないものだと認識していたわけでは良いと思います。エンジンオイルの一言で言っても実は多くの役割を担っているのです。そのためエンジンオイルにはいろいろな添加剤が含まれているのです。

だからと言いえ潤滑性能が保たれていても、冷却、清浄などの他の作用が得られなければエンジンオイルとしての役割を十分に果たすことができません。車によって、あるいは運転するドライバーによってもエンジンオイルの寿命に触れてくるのもこうした理由からなのです。

愛車買取センター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です