エンジンオイルの種類は大きく分けて3種類に分類できます。

エンジンオイルにはガソリン用エンジンオイル、ディーゼル用エンジンオイル、ガソリンエンジンにもディーゼルエンジンにも使用できるガソリン ディーゼル兼用エンジンオイルの3種類があるのだ。

【エンジンの種類によって使うオイルも異なる】

冒頭で説明したように大きく分けるとエンジンオイルには、ガソリンエンジン専用エンジンオイル、ディーゼルエンジン専用エンジンオイル、ガソリンエンジンとデイーゼルエンジン兼用のエンジンオイルの3種類がある。ガソリンエンジンはディーゼルエンジンにくらべると高回転まで回るので、油膜保持能力や応力分散能力などを中tに考えなければいけません。

一方ディーゼルエンジンは、黒煙やパテイキュレートなどの粉塵がでるため、清浄分散性と応力分散性をポイントにしてつくらないといけない制約があります。そこで、ガソリン専用エンジンオイルと、デイーゼル専用エンジンオイルが専用化されて発売されていた。ところがオイル製造技術が向上し、ガソリンエンジンにもデイーゼルエンジンにも対応できるものが登場。約20年ほど前から、ガソリンエンジンとデイーゼルエンジン兼用のエンジンオイルが一般でも売られるようになり、現在ではこの兼用エンジンオイルが主流になりつつあります。

【たとえばデイーゼルエンジンにガソリン用エンジンオイルは?】

最近売られているいるエンジンオイルは兼用オイルが多いのです。そのため、以前にくらべると神経質になっていちいち確認して購入しなくてもよくなったが、やはりいまでも専用オイルが残っているので、購入する際にはいちおう確認しておきたい項目です。

ところで、デイーゼルエンジンにガソリン専用オイルを入れたとしても、エンジンが突然壊れて動かなくなる心配はいりませんが、長期間にわたつて使っているとカムシャフトの異常磨耗の発生や、応力分散性能の不足によるビストンリング周辺の焼き付きを起こしたり、エンジン内のスラッジが増えたりなどトラブルが起こりやすくなります。

逆に、ガソリンエンジンにデイーゼルエンジン専用のエンジンオイルを入れると、排気ガスをキレイにするための触媒が破損したり、スパークプラグがミスフアイヤーを起こしやすくなったり、高回転までエンジンを回したときにカムシャフトが見(常磨耗したりなどのトラブルにつながる可能性が高くなる。そのため専用オイルを使用するときには、できればクルマのエンジンに合致するエンジンオイルを利用するのが無難です。

緊急的にあわない専用オイルを使用しければならない事態になってしまった場合には仕方ありませんが、なるべくエンジンの種類と異なるオイルを使用するのは、できるだけ避けるようにしたいものです。

そう言えば話は変わるのですが、会社の同僚が出勤途中に車に跳ねられてけがしてしまったそうなんです。
幸い命には問題なかったんですが、相当ケガをしてしまったそうなんです。

またそんな事も有ってまだ会社には出社できていないので、心配なので病院お見舞いに行ってこようと思っています。
相手は車らしいのですが、その同僚は歩行中に加害者のクルマに跳ねられてしっまそうなんです。

歩行者がクルマに跳ねられた場合には注意しないといけない事があるんですが、みなさんお分かりですか?
加害者側がもちろん保険には言っている事が不可欠なのですが、被害者側の保証は相手側の保険から払われますが、
歩行者の場合には車のように自動車保険に該当するものがありません。

そうなると事故の法相などは加害者側の保険屋さんの言いなりになってしまい、決して被害者側には有利な交渉にはならないとの事でした。
そんな事にならないためにも、このような場合には弁護士を信任する事が一番との事でした。

またその場合には、ご自分の自動車保険の弁護士特約を使う事がでるので弁護士特約がある場合には是非利用する事をおすすめいたします。
そして 車にひかれる慰謝料 から交通事故に強い弁護士さんを紹介シテいますので一度確認してみて下さい!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です