エンジンオイルの代わりに食用油利用できるのでしょうか?

車のエンジンには、当然エンジンオイルしか扱えないと思っている人もいますが、実は食用油でも代用することが可能なのです。ただし使用できる期間は2日ぐらいと認識していただいたほうがいいかもしれません。

【実は某石油メーカーも食用油を研究しているのです】
辛いのほどは定かではありませんが、一昔前のレースの世界ではここぞと言うタイムアタックのときにはエンジンオイルの代わりに食用油を使っていたチームもあったと言われています。またそれをヒントにして食用油をエンジンオイルの代わりに利用できないのかと、実際にある石油元売りメーカーの技術チームがスーパーで売られている食用油を研究したことがあるという話でした。もっと歴史をさかのぼれば、食用油の原料であるひまし油が車や航空機のエンジンオイルとして利用されていた時代もありました。つまり結論先に言ってしまえば食用油もエンジンオイルとして利用できるということなのです。

ちなみにそのある石油元売りメーカーの技術チームメンバーだった人によると、スーパーで購入してきた食用油の中で、やはり高級サラダオイルがエンジンと組成がベストであったと言う話でした。とりわけハイオレック種のべに花種子だけで作られた100%ピュアオイルで、オールインさんを多く含んだものが参加に強くて、もしかするといいかもしれないと言っていました。ではどうして食用油をエンジンオイルとして受容できないのでしょうか?と聞いてみた所、やはり1番の理由はコストの問題でした。つまり石油から作る方がはるかに簡単で、1番安く作れるからといっていましたが、原油がさらに高騰すれば、引用される可能性は十分にあるのです。

ただし現状のままではエンジンオイルの代わりとして利用できるといっても、せいぜい2日程度の話なのです。なぜなら食用油には参加防止剤や蒸発抑制剤等といった添加物が入っていないからなのです。おまけに車によっては、クリアランスにシビアなエンジンを搭載しているものもあるので、あまりおすすめできないと言うのが実情であります。

【エンジン俺の代わりに食用油を入れてみましたが・・・】
もしエンジン俺の代わりに食用油を入れると、エンジンが壊れてしまうと思う人は多いのではないでしょうか? 。さらにオイルギリシャの中にもっと、そう思い込んでいる人は少なからずいるようなのです。ですが食用油も皮膜を形成するため、潤滑性能やエンジン内部の医学保護によるエンジン保護ができるので、俺として一時的に利用することができます。

そして、じんわりのように添加剤を混合すれば、代用のエンジンオイルとして利用することが可能なのです。しかし市販されているエンジンオイルと比べると油膜に乏しく、エンジンを高回転で回し続けて、エンジンが高温状態になる走りを続けることを想定すると、信頼性に欠ける部分があるのが現状のようです。

【実はもともと食用油はエンジンオイルとして使われていました】
今や石油製品が当たり前の時代です。ですが今から50年から60年前ではエンジンオイルにも食用油などを使用していた時代がありました。なぜエンジンオイルにも利用していたのかというと、この当時は原油から高性能エンジンオイルとなるペースオイルを抽出する技術よりも、大豆などの植物からエステル基10なぐでーすオイルを抽出する方が技術的にも簡単でコストが安価。を脇に銀行から取れるエステル基のOL成分よりも、品質の良いベースオイルを作ることができるからなのだそうです。

他にもその当時は、ブレーキフルールドとしてナタネ油を使っていたのも、こうした事言うからであると言われています。しかし今日ではこの状態が逆転し、石油系俺の方が安くて確実に生産することが可能になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です