エンジンオイルについての話

一昔前では考えられない様な商品が、当たり前のように今では製品化されたり参加されたりしています。例えばパソコンでインターネットをすることは一般的ではありませんでしたが、現在では普通にみんなが当たり前のように行っています。一昔前では携帯電話でメールなどをしていましたが、今ではスマートフォンが一般的になり、携帯電話(ガラケー)をあまり見かけなくなってきました。一昔まえまで無かった物が登場してきたことにより、それまでできなかったことが簡単にできるようになっています。それまでの常識が非常識に、非常識が常識に大きく様変わりしてしまったように思います。

もちろん自動車のアフターパーツもそれに漏れず、エンジンにとって重要なエンジンオイルもずいぶんと様変わりしてきました。一昔まえといっても今から10年ぐらい前の話ですが、自動車メーカー指定のエンジンゴールといえば「10W‐30」が主流でした。それにもかかわらずなぜか皆ハイスペックなオイルを求めててん一般の人でも「10W‐40」の有名ブランドオイルを、また熱心にスポーツ走行を楽しむ人は「15W-50」といった後年度の高級エンジンオイルを、それも4リッター缶で1万円以上する超高級化学合成を購入する人が多かったのです。つまり車に良かれと思われるものは何でも、思う存分愛車につぎ込んでいた時代でありそれがごく普通のことのように思われていたのです。

しかし真実をしてしまうと唖然としてしまう事でしょう。例えば化学合成の中でパオ・アルファ・オレフィンのものはヘッドカバーやオールパンの隙間を埋めているゴムパッキンやゴムで出来たゴムシールを縮めてしまう効果があり、オイル漏れの原因を起こしてしまうのです。逆にジスステル系のエンジゴムパッキンやゴムで出来たゴムシールを膨張させつまゴムパッキンの観点から見れば相性のよくないものなのです。それをいいものだと信じて使っていわけですから、それを知った今過去を振り返ってみれば馬鹿なことをしたと思う人もいるに違いありません。

また2000年以降の原油価格高騰のきっかけに、 VIPカーと呼ばれる大型セダンや高級スポーツカーから軽自動車やコンパクトカー乗り換える人が増えました。さらに環境問題の観点から、 2003年に初めてコンパクトカーに採用された「0W-20」の前年度エンジンオイルが現在もなおラインナップされる国産車の約90%以上に、日本で登録されている車の50%近くに指定されているのです。おまけにエンジンオイルの交換サイクルに関してもオイル技術の進歩によりオルが長寿命化し、現在の交換サイクルは1万~1万5,000km毎てん方は6ヶ月~1年に1度が目安というのが常識になりつつあります。

その昔渋滞にはまらない理由ことが使用条件にはなりますが、交換サイクルが5000kmまたは3~6ヵ月に1度と指定されていたことを思えば隔世の感がある。
 このように今と昔とでは常識とされていることが全く異なっているのです。そこでエンジンオイルの常識を知ってもらうためにあれこれブログで説明していこうとをいます。

車カイトリチュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です