エンジンオイルの交換方法は上か下か??

昔から車好きの間ではエンジンオイル交換は「上抜き」がいいのか「下抜き」がいいのかといつも総論に。ここでは本当にどちらの方法がよいのか徹底的に考えてみましょう。

【どちらのオイル交換方法にもメリットとデメリットがあるのです】
エンジンオイルを交換するときには初めに古い容量を輩出しなくてはなりません。ですがカーショップなどでオイル交換を依頼する際に「上抜き」でするか「下抜き」でするかと、専門用語で尋ねられることがあると思います。ちなみに上抜きや下抜きと言うことばは、エンジン内部に入っているエンジンオイルを排出する際の方法を行っているのです。

エンジンオイルのほとんどはエンジン底部となる地上面側のオイルパンという部分に貯められていて、一般的にはオイルパンに付いているドレンボルトという線を外してオイルを抜き取ります。これが下書きという作業方法になります。ちょうどお風呂もそこにある線を抜き取って溝抜き取る時に似ています。これらとも確実な方法ですが、車の下に潜らなければならないしいちど外したドレンボルトのパッキンを新品に交換する必要もあります。さらに慣れない人が作業をするとドレンボルトを閉めすぎてねじ山を壊したりまたは締め付け不良でオイル漏れのトラブルを起こすことなども稀にあるのです。

これに対して上抜きは、オイルの量チェックするためのレベルゲージが入っているタイプに細長い吸い口を入れて、ポンプで吸い出してしまうというものです。この方法だとボンネットを開けるだけですみ、ドレンボルトには触らなくていいのでボルトに関するトラブルの危険性はなくなります。またポンプの吸い込み口がオイルパンの底に届きさえすれば、下向きよりも多くのオイルを歴とれると言うメリットも実はあるのです。

しかしエンジンのタイプによっては吸い口のタイプがオイルパンの底まで届きにくいものもあり、その場合は下書きでやるしか方法はなくなります。

【上抜きのメリットとデメリット】
上抜きのメリットはオイル支援者を使ってエンジン内のオイルを吸い出す作業のため、車を持ち上げて下に潜って作業をする危険性がありません。また短時間で採用もすみます。さらに少ない道具で作業が出来るのです。

デメリットはオイルチェンジャーがないとは上抜き作業自体が不可能なことです。また車によってオイルパンにバッフルプレートが付いているものは吸い口をオイルパンの奥まで差し込めないのでオイルをうまく吸い上げることができません。またオイルフィルターの交換を同時にできないケースが多いのです。

【下抜きのメリットとデメリット】
下抜きのメリットは比較的安い工具だけで作業が可能なところです。おまけにオイルフィルターも同時に交換することができることが多いです。さらにはいつもは目視で確認できないような下回りもチェックできることです。デメリットは車を持ち上げてから車の下に潜って作業しなければならないので、面倒で危険が伴います。またリフトアップ以外だとすると、車体があまり持ち上げられないジャッキアップ方式になり、非常に寝転がって作業を行う必要があります。そのためドレンボルトを緩めた際に排出するオイルで回りを汚してしまう場合もあります。

【上抜きと下抜きとでは時間差はどれぐらいあるのでしょうか】
車の状況によって大きく異なりますが、単純に作業時間を考えると圧倒的に上向きの方が短時間で作業が終わります。例えば一般の人が上抜き作業でオイル交換をした時、オイルチェンジャーの吸い口をエンジンオイルのゲージが入るパイプに差し込み、オイルを吸い上げるだけでエンジンオイルが排出できるという至ってシンプルさです。すべての工程作業時間を合わせても10分ぐらいで交換することができると思います。

一方の下書きの場合には、車を持ち上げて弱を使って固定するまでが5~10分程かかってしまうと思います。またオイルを排する作業が5分程度要するとおもいます。この一連の作業だけで15分程度かかってしまうことになります。以上のようなことを考えると、作業は上抜きのの方に軍配が上がります。

コスモスマートビークル 審査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です